アスリートも味わえるスイーツ「筋肉カステラ」ってなんだ? 「スポーツが大好き」なパティシエが考案

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 東京2020オリンピック、いっぱい感動いたしました! 皆さんも応援に力が入ったのではないでしょうか。ラジオ番組『バズろぅ!』(ラジオ関西)“ラジオパーソライター”(ラジオパーソナリティー+ライター)わきたかしも、その1人です。

 兵庫県の東播磨でパティシエをしている渡邉勝ニ郎さんも、思いは同じ。ただし、「僕、スポーツが大好きなんですが、日頃、作っているのがスイーツでしょ。アスリートからは敬遠されるんですよね」と、苦笑い。

 確かに、減量中や身体のパフォーマンスのことを考えたら、甘いケーキとかは食べない方が……という思いにもなりますね。

「複雑ですよ、大好きで応援してるスポーツ選手から、僕が一生懸命作ってるスイーツが、避けられるって。悔しい……」

「よし! それなら、スポーツ選手が食べられるケーキをつくろう!」

 渡邉さんのパティシエ魂に火がついたのが、昨年のことでした。

 渡邉さんはまず、アスリートフードマイスターに、アスリートに必要な栄養素と、あまり摂るとパフォーマンスが下がると言われている栄養素を聞くところから始まりました。それによると、タンパク質と炭水化物をバランスよく摂取して、できるだけ脂質を避けるというもの。それらを考慮し配合してケーキを焼いてみたところ、できあがったのは「カチカチのパサパサ、それに全然おいしないわぁ……」というものだったそうです。

 アスリートが悔しさをバネに、毎日苦しい練習繰り返すように、渡邉さんの挑戦の日々が始まりました。何度も何度も作りなおし、使う素材を変えてみたり、焼き方を調整したり、繰り返し繰り返し試行錯誤しながら……焼き続けた結果、今年に入り、やっとの思いで、ようやく食感、味、栄養的にも納得できるものが焼き上がったといいます。

 渡邉さん渾身のアスリートも味わえるスイーツ、名付けて「筋肉カステラ」!

「筋肉カステラ」
「筋肉カステラ」を焼き上げた渡邉勝ニ郎さん

 いろいろなアスリートに食べてもらったという、渡邉さん作の「筋肉カステラ」。感想も寄せられ、評判も上々だそうです。

 この「筋肉カステラ」は、現在販売しているわけではなく、問い合わせや要望があったチームやスポーツ選手に、応援の意味で差し入れしているそうです。「これからも、どんどん焼きますんで、どんどん食べて、どんどん練習して、どんどん良い成績を残してもらいたいです」と渡邉さん。アスリートのこれからのパフォーマンスのために、「筋肉カステラ」の応援は続きます。

渡邉勝ニ郎さん

(『バズろぅ!』ラジオパーソライター・わきたかし)


※「筋肉カステラ」に寄せられたアスリートのコメントも紹介します!(構成:わきたかし)



元RISE3階級王者・裕樹選手「減量中に一番うれしい“食感”を感じるんです、そして、お腹で膨らむので、満足感ありますね」


第18回オールジャパンアームレスリング選手権大会ライトハンドの-80kg級日本チャンピオン・宮本真治選手「減量期は、非常に精神的にもイライラしたり、ストレスが溜まり、心身ともにキツい時期。そんななか、うまいカステラを食べてタンパク質の補充もできるなんて、今まででしたら、そんなん食べるって罪悪感ありましたけど、これならストレスを感じることなく、万全な状態で試合に挑むことができるようになりました」


スペインのラシン・サンタンデール所属、女子プロサッカー選手の十川ゆき選手「アスリートにすごく大切なタンパク質が多く入ってますし、脂質が少ないのもうれしいですね。トレーニングの前後の補食として食べています。ほんのりした甘さもあり、1つで満足感が得られるのもうれしいです」(撮影・小中村政一)

LINEで送る

バズろぅ! | ラジオ関西 | 2021/08/11/水 17:55-18:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事