「気合入りすぎ?」 若者がこだわるLINEプロフィール画像 「そのためにテーマパークで撮影します」

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 コミュニケーションツールとして多くの人が利用しているアプリ「LINE」。みなさんは"LINEのアイコン"は何に設定していますか?

 まず“LINEのアイコン”とは、アプリ内でのプロフィール画像のことです。トーク画面では相手が設定した画像が発言の横に表示されていますよね。ここにどんな写真を選択するかには個性が出る部分で、「LINEのアイコンを見ればその人の性格がなんとなくわかる」と豪語する人もいるほどです。

 特に若者はアイコン用の写真をわざわざ撮影しに出かけることもあるとか。実際にどのような画像を設定しているのかをInstagramのアンケート機能を使用して調査し、多かった声を紹介します。

(1)テーマパークで撮った写真

「USJで友達に撮ってもらった写真(26歳)」
「友達撮影のサンリオピューロランドでの映え写真(24歳)」

テーマパークで撮影した写真を使ったアイコンのイメージ

 ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど、テーマパークで記念撮影した写真をアイコンに設定している人が多いようです。テーマパークは“映える”スポットが数多くあるのと、カチューシャを付けていたり、オシャレな服装をしていたりとアイコン撮影には良い条件がそろっていて、“アイコンのため”の撮影タイムは欠かせないのだとか。

(2)自分で描いた(または友達に描いてもらった)絵

「絵が上手な人に書いてもらった似顔絵(28歳)
「自分で描いたりんごの絵(15歳)」
「アイコンにするために自分でいい感じに描いた絵(14歳)」

似顔絵画像を使ったアイコンのイメージ

 似顔絵やスマートフォンのキャラクター作成アプリで作った絵をアイコンにしている人もかなり多かったです。アイコンのためにプロのイラストレーターに依頼して描いてもらうなんて人もいるそう!

(3)映えスポットで撮ってもらった自分の後ろ姿

「アイコンにするために友達に撮ってもらった紅葉を見ている後ろ姿(26歳)」
「アイコンにするために撮ってもらった着物の後ろ姿(16歳)」
「映える場所で友達に撮ってもらった自分の後ろ姿(29歳)」

後ろ姿の写真を使ったアイコンのイメージ

 後ろ姿をアイコンにする方、かなり多いようです。自分の顔が写った写真だと「恥ずかしい」「自信があると思われそう」などと考えるからなのだとか。「あたかも『知らない間に撮られましたよ』的な自然な写真を設定するのがポイント」だそうです(笑)。

 ほかにも、こんな声がありました。

「アイコンにするために頑張ってカッコつけた写真(17歳)」
「友達5人で色違いの画像にしてます!(17歳)」

 過去の写真から良いものを探すというよりは、アイコンのために新しく撮影する、という声がとても多かったです。良い写真を設定できたときはとてもワクワクするので、みなさんも“LINEアイコン用の写真”撮影してみてはいかがでしょうか?

(文=Lovelys)

LINEで送る

関連記事