予備知識なしで見るべき 映画『そして、バトンは渡された』 永野芽郁・田中圭・石原さとみ出演

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

この記事の動画を見る

 永野芽郁主演、田中圭がやさしい父親、石原さとみが“やさしい悪女”を演じる、映画『そして、バトンは渡された』が10月29日(金)、全国公開です。

 物語の始まりは、複雑な家庭環境の親子2組の暮らしを描くシーン。ふた家族の生活する様子が交互に展開します。

 まず、血のつながらない父と娘。

 高校生の優子。血のつながらない親に育てられ、4回も苗字が変わりました。料理の上手な義理の父親と2人で生活しています。

 優子は父親のことを森宮さんと呼びます。

「どうして森宮さんは再婚しないの?」

「そりゃ、優子ちゃんを嫁に出すまでは父親としての使命を全うしなきゃさ」

サブ1s

 森宮さんは、子どもに栄養をつけさせるのは親の務め、として優子に毎日弁当を持たせています。優子は、将来の進路や友達との関係など不安や悩みを抱えています。卒業式の合唱でピアノ伴奏に選ばれて、ピアノの練習を重ねる日々を送っています。

 もう1組は、血のつながらない母と娘。


【公式サイト】
【公式Twitter】
【公式Instagram】

LINEで送る

関連記事