尼崎・女性刺殺 元夫「復縁迫るも、折り合わず怒り」凶器の刃物発見 

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 兵庫県尼崎市のマンションで15日、医療系事務員の女性(28)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された元夫(33)が動機について「復縁が思うようにいかず、怒りや憎しみに変わっていった」との趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。

事件現場には多くの花が手向けられた(尼崎市昭和通4 2021年10月21日撮影)
事件現場には多くの花が手向けられた(尼崎市昭和通4 2021年10月21日撮影)
犯行現場のマンション 現在も捜査員が出入りする
犯行現場のマンション 現在も捜査員が出入りする

 捜査関係者によると、2人は別居状態が続き、2021年6月に離婚が成立した。元夫が復縁を迫り、話し合いの場を持つなどしていたが、折り合いが付かなかったという。

 離婚後、元夫がひとり暮らしをしていた西宮市のアパートの自室からは血痕が付いた刃物が見つかった。鑑定の結果、血痕のDNA型が女性のものと一致し、兵庫県警はこの刃物を凶器と断定した。女性の背中などに10か所以上の刺し傷や切り傷があった。

 元夫は逮捕時から「(女性を)殺すつもりで刺した」と容疑を認めている。

LINEで送る

関連記事