神戸の新感覚水族館「アトア」がオープン 日本最大級の球体水槽が目玉 「没入必至」「まるで別世界!」

LINEで送る

この記事の写真を見る(22枚)

この記事の動画を見る

この記事に関するTwitterを見る

 これまでにない“初めて”を体験できる劇場型アクアリウム「AQUARIUM×ART átoa(アクアリウム バイ アート アトア)」(以下、アトア)が、10月29日、兵庫県神戸市中央区のウォーターフロントエリアに誕生する。水族館とアートの融合による幻想的な世界観や、子どもも参加して楽しめるエンターテインメント性が魅力だ。

2021年10月29日にオープンの都市型水族館「アトア」が入る「神戸ポートミュージアム」

 アトアは、神戸港の新港第一突・西エリアに同日オープンする複合型文化施設「神戸ポートミュージアム」内にある。神戸随一の繁華街・三宮から徒歩圏内、連接バス「ポートループ」の停留所が目の前という便利な立地もうれしい。

「アトア」という名は、「aqua(アクア)」「art(アート)」それぞれの「a」の間に、「&」を意味する「と」を入れた造語。「五感で感じる劇場型アクアリウム」として、生きものが暮らす空間と、光、音、映像、舞台芸術などのデジタルアートを融合させた新感覚水族館だ。

 2階から4階の3フロアで展開。「はじまりの洞窟」「精霊の森」「奇跡の惑星」などの8ゾーンから成り、約60基の水槽で約100種類3,000点の生きものが暮らすほか、約50点の生物アートも展示している。

アトアには8つのゾーンが設けられている。
アトアで暮らす生きものたち

 各ゾーンには、興味を引く目玉や仕掛けが用意されている。一番の注目は、日本最大で世界屈指の規模を誇る直径3メートルの球体水槽「AQUQ TERRA(アクアテラ)」。壁とカーテンにより仕切られた円形空間で、水槽を中心に光と音の織りなすショーが繰り広げられる。壁沿いに用意されたリラックスチェアに身を委ねて眺める“幻想”は、まるで別世界の感覚だ。

 「和と灯の間」では、四季の移ろいと龍の変化(へんげ)を描く切り絵をデジタル映像化した「にほはしき時の巡り」や、水面の上を歩いているかのようなガラス床水槽「MINAMO(ミナモ)」が来館者の心を躍らせる。

切り絵を素材にしたデジタルアート「にほはしき時の巡り」

【公式サイト】

LINEで送る

関連記事