薬物捜査情報漏えい31回、兵庫県警・芦屋署巡査部長を停職処分「情報欲しくて良好な関係を」

兵庫県警「警察情報の適正管理をを一層徹底」とコメント
(写真1枚)

兵庫県警・芦屋署刑事課の男性巡査部長(54)が、薬物捜査に絡み不正照会した情報を知人9人に計31回漏らしたとして、 地方公務員法(守秘義務)違反容疑で書類送検され、巡査部長は依願退職した。

関連記事