竹田城跡もその1つ 「兵庫・但馬は日本の土木文化の聖地」 “アメノヒボコ伝説”から歴史遺産、赤木正雄ら先駆者まで

(写真3枚)

兵庫県北部の但馬地域は、“暴れ川”である「円山川」の存在により、明治以降本格的な治水・砂防が手がけられてきた。そこで、関連団体で構成する実行委員会が、7日、豊岡市でセミナー「但馬と土木」を開催。講演で、園田学園女子大学名誉教授の田辺眞人氏が伝説や文化遺産などについて解説し、「但馬は日本の土木文化の聖地」と論じた。

関連記事