80年代の“ラジオ局ジャック事件”がモチーフ 「若者の代弁者」「喪失感の象徴」ザ・スミスの20曲でつづる青春映画

(写真6枚)

80年代のアメリカ。ロックバンド「ザ・スミス」の解散をきっかけとして、若者たちが“自分探し”にさまよう一夜を描く青春映画です。『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』が12月3日(金)から全国ロードショー。

関連記事