神姫バスとみなと銀行が連携協定を締結 プラットフォーム構築や資金支援などで連携、兵庫の観光活性化めざす

(左から)みなと銀行の武市寿一社長と、神姫バスの長尾真社長(11月24日=神戸市内)
(写真1枚)

新型コロナウイルスの影響を受けた兵庫県内の地域活性化を図ろうと、みなと銀行(本店:神戸市中央区)と神姫バス(姫路市)が24日、連携協定を締結したと発表した。

関連記事