阪神コーチ就任の藤井康雄氏 打力底上げに着手へ「くすぶっている選手を復活させたい」

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 来シーズンからプロ野球・阪神の1・2軍巡回打撃コーチを務める藤井康雄氏が、ラジオ関西の番組『PUSH!』(11月30日放送回)に出演し、猛虎打線再生への思いを語った。

ラジオ関西『PUSH!』生放送に出演した藤井康雄氏(写真:ラジオ関西)

 現役時代は阪急・オリックスでプレーし、引退後はオリックスやソフトバンクでコーチを歴任してきた藤井氏。NPBでの指導は2019年以来、3シーズンぶりとなる。

「本当に僕もびっくりというか、急転直下ですね。矢野(燿大)監督からそういう話しをいただいたので」と、阪神コーチへの就任について語った藤井氏。「まだこれからどういう形になるかわかりませんが、基本は2軍なので。監督と話して、1軍にきてほしいというときに行ってという感じになるのではないのかなと思います」と、まずは育成面での指導になるようだ。

 藤井氏にとってセ・リーグは初。しかも、関西の超人気球団・阪神の一員となることもあって、「パ・リーグで育った私としては日々ビックリですね! これだけ毎日、新聞に出るものなのかなと。現役時代、僕がいくらサヨナラホームランを打っても一面になったことがないですから(笑)」と、就任後の変化に驚きを隠せない様子。

 早速、秋のキャンプで選手たちの様子をみた、藤井氏。「潜在能力は本当にいいと思います」と選手たちの能力を評価しつつ、「昔、活躍できた選手が、今くすぶっているという部分があるので、そういう選手をうまく復活させたい気持ちがあります」と、伸び悩む中堅、若手らの打力復活への思いは強い。

 特に注目は、今季前半戦の顔となった、佐藤輝明選手。「一番みなさんも注目していると思いますが、今年のシーズンはじめのような活躍を、来年の1年通して続けられるよう(指導を通じて)伝えていければ」と、同じ左打者のスラッガーのさらなる成長に思いをはせる。

 また、秋のキャンプでは今季初めて1軍での出番がなかった髙山俊選手ともコミュニケーションをとり、檄を飛ばしたようだ。

「最終日かな、髙山と話をしましたが、1年目あれだけの結果を出せたわけですよね。ということはそれだけのものは持っているんですよ。そこが、年々調子が悪くなっているという部分では、なにか忘れているもの、間違っているものがあると思うんです。それをもう1度、よかったところに戻してあげるという作業をしてあげれば、しっかり自分本来の能力を出せるのかなと」(藤井氏)

 打撃理論には定評のある藤井氏。「僕の理論というのは、できない人にやれというものでもないですし、(もともと)できているのだから、もう1回できるのは当たり前だろうというところ。くすぶっている選手でも、持っているものというのは100%出してあげればいいかなと思います。結果がどうなるかはわかりませんが、自分が今までやってきたことをやっていくしかない」と、自ら培ってきたものを惜しみなく伝えていく姿勢を示した。

LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2021/11/30/火 15:00-16:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事