遊びながら学べて、テクノロジーを身近に感じる企業博物館 「Kawasaki」の歴史と今を知る 神戸の「カワサキワールド」

(写真3枚)

神戸・元町の海側、メリケンパークにある「カワサキワールド」(神戸市中央区)は、川崎重工グループが2006年にオープンした企業博物館。神戸港のシンボルの1つ、神戸海洋博物館の中にあり、今年で15周年を迎えた。年間およそ20万人が訪れるスポットで、新型コロナウイルスの影響で落ち込んだものの、最近は平日の児童生徒の受け入れも増えてきているという。

関連記事