盗んだバイクで革ジャン、リーゼント、ロックンロール… 昭和の邦楽にも反映されたガラパゴス不良文化

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

この記事に関するTwitterを見る

 盗んだバイクで革ジャン、リーゼント、ロックンロール……昭和の日本に花開き、今なお受け継がれる不良文化とは? 混沌の時代と音楽の関わりについて、シンガーソングライター、音楽評論家の中将タカノリとシンガーソングライター、TikTokerの橋本菜津美が迫ります。

【中将タカノリ(以下「中将」)】 菜津美ちゃんは今28歳ですが、その世代でも周りに不良っていましたか?

【橋本菜津美(以下「橋本」)】 私は兵庫県川西市の田舎で育ったせいか、周りにはいっぱい自称ワルがいましたね(笑)。バイクで学校に来たり、学校に他校の不良が攻めてきたり……(笑)。

ああ香ばしい昭和の不良文化…(※写真はイメージです)

【中将】 なかなかですね(笑)。平成末期でも田舎のほうだとまだまだ昭和な不良文化が残っていたということでしょうか。

 日本では1970年代から1980年代にかけて校内暴力や非行が大きな社会問題になりました。それにあわせて音楽、ファッションの面でも独特の不良文化が生まれるのですが、その明確な元祖になったのは矢沢永吉さん、ジョニー大倉さんらによって1972年に結成されたキャロルです。「ファンキー・モンキー・ベイビー」などは今でも有名な曲ですね。

【橋本】 聴いたらわかるんですが、FUNKY MONKEY BΛBY’Sのことしか知りませんでした(笑)。

【中将】 そのあたりはさすがに平成生まれですね(笑)。キャロルはジョニーさんが編み出した革ジャン、リーゼントに日本語のロックンロールというスタイルで一世を風靡しました。「週刊プレイボーイ」などの週刊誌でも彼らのバイク姿のグラビアが掲載され、都会から田舎まで全国津々浦々にキャロルの劣化コピーが出現するようになるわけです。

【橋本】 劣化コピー(笑)。やっぱり当時の不良にとって革ジャンを着るってステータスだったんですか?

【中将】 今よりはるかに高価なものだったし、「これを着ればあのスターに近づける!」みたいな感覚はあったかもしれませんね。


LINEで送る

中将タカノリ 橋本菜津美の 昭和卍パラダイス | ラジオ関西 | 2022/03/05/土 26:00-26:20

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事