大丸梅田店に新たな魅力 高級スーパー「紀ノ国屋」が大阪初出店!

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.72

 老舗デパートの大丸が大阪の中心地・梅田に進出したのは、1983年のことでした。阪急や阪神の各百貨店は昭和初期に開業していますので、大阪・キタではずいぶん後発となります。

 梅田での百貨店3つどもえ合戦が始まってからは、ブランド志向の阪急、食料品の阪神に対し、大丸は個性を十分にアピールすることができず、進出当初は苦戦を強いられました。

(写真① 3885)

 しかし2011年の増床とともに「新百貨店モデル」を打ち出した大丸梅田店は、ポケモン・トミカショップ・東急ハンズ・ユニクロなどを店内に次々に誘致して、個性を発揮しはじめます。

(写真②3923)

 そして今年3月9日、地下2階の食料品売り場の一角に、あの東京の高級スーパーとして名高い「紀ノ国屋」をオープンさせたのです。

 紀ノ国屋と言えば1910年に東京・青山で青果商として創業、レジでの精算システムやショッピングカート、買い物バッグ、海外からのナチュラルチーズの直輸入などがすべて日本初という先進的なスーパーです。関東では成城石井と並ぶ高級スーパーですが、関西では京都伊勢丹に次いで2店目の出店となります。

(写真 ③3916)

 大丸梅田店での紀ノ国屋の店舗面積はわずか10坪ながら、オリジナル商品約800種がうまく配置されています。そのうちの1つ、「贅沢な卵かけトリュフしょうゆ」は白しょうゆとオリーブオイルにトリュフが加えてあり卵料理に最適。また、「ラー油せんべい」はラー油の辛さと海老の甘さ、それにニンニクとゴマ油という絶妙の組み合わせ。さらには「あまおうイチゴバター」「サバカレー煮」などに人気が集まっています。


【紀ノ国屋 公式HP】
【大丸梅田店 HP】

【『羽川英樹ハッスル!』番組ブログ】
【鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」アーカイブ】
【鉄アナ・羽川英樹の出発進行(YouTubeチャンネル)】

LINEで送る

羽川英樹ハッスル! (1) | ラジオ関西 | 2022/03/24/木 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事