「イカナゴのいる海」の再生を目指して 兵庫・淡路島の漁師が語る、地元の海の深刻な状況

(写真10枚)

関西の朝の顔としてテレビなどで活躍する気象予報士・防災士の正木明がパーソナリティーを務めるラジオ番組『正木明の地球にいいこと』(ラジオ関西、月曜午後1時~。アシスタント:荻野恵美子)。2022年2月21日放送回では、淡路島の北西部にある漁協、育波浦漁業協同組合(兵庫県淡路市育波)の代表理事組合長を務める片山守さんがゲストで登場。イカナゴの生態や漁獲の現状、海の環境問題などを語った。

関連記事