《JR福知山線脱線事故17年》「伝えたい」その気持ちだけで…負傷者と歩む 三井ハルコさん

(写真16枚)

乗客106人が亡くなり、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は4月25日、17年を迎える。この事故で、当時大学生だった次女が重傷を負ったNPO法人理事長・三井ハルコさん(兵庫県川西市)がラジオ関西の取材に「伝える、語るさりげなさ」を語った。

関連記事