「熱中症」予防策や発症時の対処法 新型コロナと共通の症状も 高齢者・子どもは特に注意

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

――熱中症になった時の対処法は?
【山崎さん】 めまいや立ちくらみ、汗が止まらない、頭痛、吐き気などの症状の時の対処としては、下記が挙げられます。

・風通しの良い日陰やエアコンがきいている室内等、涼しい場所へ避難する。

・自分で水分摂取が可能な場合は、スポーツドリンクや経口補水液などで水分をとる。

・衣服をゆるめて、冷たいタオルや保冷剤で首筋やわき、足の付け根を冷やす。

・症状が治まるまで無理をしない。

 呼びかけても返事がおかしかったり、意識がなかったりするなど重い症状の場合には、迷わず救急車を呼びましょう。応急処置として、▼服をゆるめる、▼直射日光があたらないようにする、▼大きな血管が通っているところ(脇の下や首まわりなど)を保冷剤で冷やすなどしながら救急車を待ちましょう。

(提供:神戸市)

☆☆☆☆☆

 さらなる熱中症予防として、暑くなりはじめのころから、無理のない範囲での運動を通して体を暑さに慣らしておくことや、毎朝の体温チェックも大切とされています。まずは「こまめな水分補給」「クーラーの適切な使用」「人がいない時にはマスクをとる」の3つを心がけて熱中症を予防しましょう。

写真左から「コープこうべ」商品検査センターの羽田野達也さん、神戸市健康局健康企画課 疾病対策担当係長の山崎恵理さん、ラジオ関西パーソナリティの三上公也さん

※ラジオ関西『三上公也の朝は恋人』内「コープスコープ はかるたいせつ」2022年5月17日放送回より

【神戸市公式HPより「熱中症に気を付けましょう」】

◆コープこうべ商品検査センター リンク一覧
【公式HP】
【はかるたいせつPROJECT】
【『Hakaru』】

LINEで送る

三上公也の朝は恋人 (2) | ラジオ関西 | 2022/05/17/火 08:00-09:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事