ビギナーやシニアでも楽しめる 琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」の魅力

LINEで送る

この記事の写真を見る(12枚)

この記事の動画を見る

◆鉄アナ・羽川英樹「行ってきました!」vol.80

 初夏のさわやかな季節に久しぶりに自転車で琵琶湖一周=「ビワイチ」にチャレンジしてきた。

 コロナ禍などで4年ぶりになるが、ようやくマスクを外して走れる爽快感はたまらない。私の場合、サイクリングは50代前半から始め、これまでにも琵琶湖・淡路島・しまなみ・浜名湖・美方五湖などに挑戦してきたが、「ビワイチ」はこれらの中でも圧倒的に距離が長い。

 4年前は60代半ばだったので2日間で琵琶湖1周約200kmはなんとか走れた。しかし、今は69歳になっており、いささか体力も衰えている。そこで今回採用したのが「ショートカット・ビワイチ」だ。

 通常は近江大橋経由で1周するのだが、これを少し北側にある琵琶湖大橋で1周すると2割ほど距離が少なくなる。つまり2日で160kmになる。これならなんとかなりそうだ。

 新大阪から新幹線で米原へ。駅ナカには数多くのスポーツバイクを揃える「米原駅サイクルステーション」がある。このたび、レンタルしたのはベルギー製のロードバイク「RIDLEY」(リドレー)。また、ここではヘルメット・サイクルメーター(速度や走行距離などがわかるもの)・ドリンクホルダー・パンク修理キットなどが無料でセットされているのもうれしい。新幹線停車駅の中にあるので、遠くから手ぶらで「ビワイチ」に挑戦する人も多い。

(画① 4830)

 今回は米原起点で逆時計回り(これが一般的)にスタートする。1日目は米原を出て長浜から湖北経由で湖西に向けての道程となる。長浜を出るとコース上にはコンビニや商店はほとんどないので、早昼を道の駅・湖北みずどりステーションでとる。ここは名物「焼き鯖スパゲティ」がおすすめ。

(画② 4843)

 とにかく1日目は北湖の神秘的な美しさを堪能できる。大津や草津あたりの南湖とは違い、鳥の鳴き声しか聞こえない静けさと美しさが北湖の魅力だ。

 中でも私がお気に入りの場所が湖北に1か所ある。毎回ここでしっかり休憩や昼寝までしてしまうのだが、まったく観光地化されておらず秘密の休憩場所になっている。

 一方、海津大崎は桜の名所で春は大混雑。今の季節は緑蔭のトンネルを爽快にくぐりぬけることができる。ただ1日目は旧賤ケ岳・藤ヶ崎・岩熊(やのくま)という3つのトンネルを通過せねばならず、アップダウンがけっこう堪えるタフな85kmでもある。

③4855
④4874
⑤4882
⑥4894
LINEで送る

羽川英樹ハッスル! (1) | ラジオ関西 | 2022/05/26/木 10:00-11:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事