沢の鶴がヤンマーとタッグ 6年越しの酒米プロジェクトの集大成 新しい日本酒を発表

(写真5枚)

兵庫県の神戸市や西宮市を中心に酒蔵が点在するエリア「灘五郷」は日本有数の酒どころとして知られています。その「灘の酒」を代表する酒造メーカーの1つで、神戸市灘区に本社をおく沢の鶴株式会社が、6年越しのプロジェクトの集大成となる日本酒を完成させ、6月1日にその新商品発表記者会見を行いました。

関連記事