鉄道のない街・宍粟市に“鉄道”を通した男たち 『しそう夢鉄道』にエールを 古民家丸ごとジオラマ交流館

(写真4枚)

鉄道のない街、兵庫県宍粟市で鉄道が話題になっている。その名も「しそう夢鉄道」!…じつはジオラマの話だが、かける情熱はひとしお。NPO法人しそう夢鉄道理事長の小寺一成氏(65)が、古い街並みの残る同市山崎町に佇む古民家を、一軒丸ごとジオラマ交流館として運営しているもの。きっかけなどをレポートする。(取材・文=播磨時報社)

関連記事