『中村佑介20周年展』@大阪・あべのハルカス(1)その画業の数々 他の追随を許さぬ“オリジナリティー”

LINEで送る

この記事の写真を見る(12枚)

 大阪・あべのハルカスの大阪芸術大学スカイキャンパスで、9月25日まで開催中の『中村佑介20周年展』を紹介する2回シリーズの第1回。まずは、中村氏の“20年の画業”と“オリジナリティ”を軸に届ける。

☆☆☆☆☆

 大阪・あべのハルカス(大阪市阿倍野区)の大阪芸術大学スカイキャンパスで、23日、「中村佑介20周年展 20th Anniversary Yusuke Nakamura Exhibition」が始まった。兵庫県宝塚市出身のイラストレーター・中村佑介氏の画業20周年を記念したもので、ファンはもちろん、誰もが一度はどこかで目にした経験があるであろう作品が一堂にそろう。

イラストレーターの中村佑介氏

◆原画の「大いなる価値」
 会場入り口で迎えてくれるのは、今展のアイコン。ベースのモチーフは、中村氏と20年の歩みを共にしてきたロックバンド、「アジカン」ことASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバム『ソルファ』のCDジャケットだ。

会場入り口
中村佑介20周年展

 歩みを進めたところには、渡辺敬二(CRAFT WAT!)氏の手による同ジャケットイラストのフィギュア、その先に、1枚目のミニアルバム『崩壊アンプリファー』(2003年)から最新作「プラネットフォークス」までのジャケットと原画が、左右に分かれてズラリ。そのさまは圧巻だ。

渡辺敬二(CRAFT WAT!)氏によるフィギュア
アジカンのCDジャケット作品がお出迎え

 デッサンが多数並ぶなか、とくに『崩壊アンプリファー』の着色された原画に注目してみたい。中村氏にとって「はじめてのローカルでないイラスト仕事」(今展グッズのトレーディングカードより)。塗料で白く塗り込められた少女の顔(まるでパックをしているかのよう)や、耳からでた煙、背景などに残る筆致は生々しく、パソコンでの作業も増えたという現在の製作活動とはひと味違う世界を垣間見ることができる。

『崩壊アンプリファー』原画
LINEで送る

関連記事