高杉真宙の“サックス勘”にプロが驚く ソロパートの成長で撮影シーン追加 映画『異動辞令は音楽隊!』

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

この記事の動画を見る

 阿部寛・清野菜名・高杉真宙らが警察音楽隊に扮し、吹き替えなしの演奏を披露する、映画『異動辞令は音楽隊!』が8月26日(金)、全国公開されます。

 内田英治監督は撮影前、キャストに「音楽映画ですので、演奏シーンの吹き替えはなしで。手元の吹き替えもしない」と伝えたということで、音楽隊を演じる俳優陣は気の遠くなるような努力をしました。

 主人公を演じる阿部寛は音楽隊でドラムを担当するのですが、そもそも阿部は楽器を演奏したことがなく、部活で吹奏楽部に入った1年生と同じように、スティックで叩くとはね返るゴム製のトレーニングパッドを使って練習するところから始めたそうです。

サブ7

 トランペットを吹く清野菜名は、演じる役柄が音大出身という設定のためプレッシャーが大きかったようですが、練習へ一途に取り組み、撮影に臨みました。

サブ2

 高杉真宙は今作を通じてサックスを好きになり、「撮影が終わっても続けたい」と語っています。指導したサックス奏者の江川良子は、高杉の勘の良さに驚いたそうです。音楽隊がT-SQUAREの「宝島」を演奏する場面で、当初は高杉にカメラが寄るショットは予定されていなかったところ、高杉のソロパートが格段に成長したため急きょ追加されました。

サブ3

 こうした努力が実りました。今作の音楽を務める小林洋平は、クランクイン直前に行われた全体練習で清野・高杉、それにチューバの板橋駿谷が“自分の音”を出していたのを聴いて「それがどれだけ大変なことかよくわかるので思わず涙が出ました」と明かしています。

 主題歌はOfficial髭男dismの「Choral A」です。ヒゲダンのベース・楢﨑誠が、かつて島根県警の音楽隊でサックスを演奏していた縁から実現しました。ラストシーンでカメオ出演しています。

 映画『異動辞令は音楽隊!』は、8月26日(金)公開です。(SJ)

ポスター

◇映画『異動辞令は音楽隊!』
※上映日程は、作品の公式サイト・劇場情報でご確認ください。

キャスト:
阿部寛 
清野菜名 磯村勇斗
高杉真宙 板橋駿谷 モトーラ世理奈 見上 愛 
岡部たかし 渋川清彦 酒向 芳 六平直政 光石 研 /倍賞美津子

原案・脚本・監督:内田英治
主題歌:「Choral A」Official髭男dism

配給:ギャガ
(C)2022 『異動辞令は音楽隊!』製作委員会


【公式サイト】
【公式Twitter】

LINEで送る

関連記事