赤土部のメカニズム 「丹波焼の世界season6」兵庫陶芸美術館【リモート・ミュージアム・トーク(2)】

赤土部灰釉四耳壺 江戸時代前期(17世紀) 兵庫陶芸美術館(田中寬コレクション)兵庫県指定重要有形文化財
(写真3枚)

兵庫陶芸美術館(兵庫県丹波篠山市)で開かれている、丹波焼をテーマとした展覧会について、同館学芸員の萩原英子さんに紹介してもらう「リモート・ミュージアム・トーク」。全2回でお届けする。第2回は「赤土部(あかどべ)のメカニズム」。

関連記事