深刻化する『空き家問題』について弁護士に聞く 「法改正で税金上がる可能性も」

(写真2枚)

少子高齢化や人口減少が進む日本はさまざまな問題を抱えていますが、そのひとつに「空き家問題」があります。放置された空き家が崩れて周囲に危害が及んだり、ゴミの不法投棄や放火による火災が発生したり、さまざまな問題に波及する原因ともなり、特に過疎化が進む地方部では深刻な問題となっています。兵庫県弁護士会、空き家対策委員会として、空き家対策支援活動などを行う山下慶康弁護士に話を聞きました。

関連記事