CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

078RADIO

番組内容

都市生活のオモシロさ、心地よさを追求する神戸のクリエイター、アーチスト、エンジニアなどが、オール神戸を象徴する市外局番「078」のもとに集まり、情報発信する番組です。
街を楽しむ「音楽」「映画」「ファッション」、社会変化を加速させる「IT」、上質な「食」文化、次世代の「キッズ」とテーマは多岐にわたり、実際に行われるコンサート、映画、ITなどのクロスメディアイベント「078」とも連動します。

  • 2017年10月29日(日) 15時47分 総合

    10月27日(金)オンエアリスト

    <10月27日(金)オンエアリスト>

    M1   文学のススメ       / The SALOVERS 

    M2   Trick or Treat    /  MAN WITH A MISSION

    M3   パンプキン・パイとシナモン・ティー  / さだまさし

    M4   仮装行列      /  石崎ひゅーい

    M5    Ghotstbusters  /  Ray Parker Jr.     

    M6           豚肉            /    めがね団

    M7     会いにいくのさ   / 電大

             

    <<神戸 太陽と虎>>

    【公演日】11月3日 (金)
    【タイトル】KOBE リフレッシュ2017

    【出演】ザ・マネーショット、ザマスミサイル、セクシーパンサー

    【時間】open 18:00 / start 18:30
    【料金】adv ¥2500 / door ¥3000

    11月5日に徳島県で開催される健康をテーマにしたFES
    KURAMOTOリフレッシュ2017」の前前夜祭開催決定!

    出演は徳島からザ・マネーショット、ザマスミサイル、セクシーパンサーが、
    そして神戸からはサモエド、めがね団がむかえ撃つ!

    人間の一番の幸せそれは「健康」であると言うこと。なされてるから気づかない、当たり前だから気づかない、
    いつもそばにある「健康」。大事な人の為の「健康」を、自分の為の「健康」を
    このイベントを通して今一度考えよう。

    今、日本で一番ヘルシーなライブハウスを目指す太陽と虎で、ロックを浴びて全細胞をリフレッシュさせます。

    <<神戸VARIT.>>

    【公演日】11月2日(木)
    【タイトル】電大TOUR~立秋の宴~

    【出演】電大
    【時間】18:30 / 開演:19:00 
    【料金】adv.¥4,500 / door 5,000 1D別

    2017年、来神二回目!ユニコーンの川西幸一(D)と手島いさむ(G)とEBI(B)による電大が、
    秋の訪れを報せると共に、やって参ります!
    男のロマンと衝動と唄ゴコロによる三相交流に、シビれる事、間違いなしの夜!
    ぜひ、ビール片手に味わっていただきたいです!

  • 2017年10月29日(日) 15時14分 ゲスト

    ゲスト 神戸大学の塚本教授&神戸市の長井さん

    ゲストは、神戸大学大学院工学研究科教授の塚本昌彦さんと神戸市創造都市推進部の長井伸晃さん

    ウェアラブルを研究されている塚本教授。

    モバイル→ウェアラブルになるんです!もうすぐなるんです!

    みんなが塚本教授がつけているようなメガネ型のウェアラブルを着けて外出する日はまもなく!

    塚本教授のポイントは、「リア充」。リアルが充実するように、

    ウェアラブルがその役割を果たしてくれる、ということなんです。

     

    まもなく開催の神戸マラソンでもその実証実験が行われます。

    興味のある方は、是非申し込んでみてくださいね。

    下記からどうぞ。

    http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/10/20171023041802.html

  • 2017年10月24日(火) 14時27分

    ゲスト 彫刻家の馬渕洋さん

    ゲスト  彫刻家の馬渕洋さん

    様々な場所で活躍中の馬渕洋さん。
    「石で」いろんなものを作るんです。

    三国志のまち、新長田六間道五丁目商店街で、
    お店?もあります。

    そして今週末はいよいよ今年11回目となる「三国志祭」です。
    新長田南地区商店街一帯で、行われます。
    観覧無料です。
    パレードもあるし、ステージライブ、様々なブースも!
    馬渕さんもどこかにいらっしゃるので、是非お会いになってください。

    2017年10月29日(日)11:00~17::00まで
    神戸新長田 第11回「三国志祭」六間道会場

  • 2017年10月24日(火) 14時08分

    10月20日(金)オンエアリスト

    <10月20日(金)オンエアリスト>

    M1   黄昏サラウンド       /    RIP SLYME

    M2     魔法のコトバ        /      スピッツ

    M3      空洞です。        /     ゆらゆら帝国

    M4     ウェイウェイ大学生      /    ヤバイTシャツ屋さん

    M5        情熱           /        UA

    M6               下坂部                   /        the twenties

    M7                    ケプラー        /        2    

    <<神戸 太陽と虎>>

    【公演日】10月25日 (水)
    【タイトル】ロッキンハロウィーン2017
    【出演】 the twenties ×ムノーノ=モーゼス×バニーブルース
    【時間】open 18:00 / start 18:30
    【料金】adv ¥2300 / door ¥2800

    日本でもやっと定着して来た仮装パーティ「ハロウィン」が「ロック」と融合した
    ロック仮装パーティ「ロッキンハロウィーン2017」がついに

    music zoo KOBE太陽と虎にて開催決定!
    この日のライブハウスは「ホラーナイトズー」仕様となりいつもと違ったこの日だけの
    呪われたライブハウスとなりますので、必ず覚悟を決め身辺整理を終えた上ご参加下さい。
    ロックに魂を売ってしまった呪われたバンドがあなたに呪いをかける。
    この3バンドを全部見てしまった君は果たして呪いのライブハウス太陽と虎から

    生きて帰ることができるのだろうか?   ギャーーーーーーーーー!
    ※仮装参加者には呪いのカクテル「虎の生き血」をプレゼントします!10月25日太陽と虎には近づくな、、。

    <<神戸VARIT.>>

    【公演日】10月26日(木)
    【タイトル】2-man Tour “VIRGIN”
    【出演】2 / Home Comings 
    【時間】18:30 / 開演:19:00 
    【料金】adv.¥3,000 / door 3,500 1D別¥600

    元、The SALOVERSの古舘佑太郎の新バンド、2(読み:ツー)がファーストアルバムを
    引っ提げて神戸VARIT.にやってきます!
    神戸のツーマンのお相手は、アノラック系ギター・ポップ・バンドHome Comings!
    “新たに始まるストーリー”というフレーズで幕を開ける今作を、ぜひライヴハウスで体感
    いただきたいです!

  • 2017年10月14日(土) 08時24分

    10月13日(金)ゲスト DA MEN DA MEN

    今日のゲスト DA MEN DA MEN(ダメン ダメン)

    2000年結成のトリオバンド。3人の演奏と3人のボーカル・コーラスで
    合計6人分の仕事をしましょうが合言葉の神戸のバンド。

    ラヂモエ「ダメン・ダメンって、ダメダメってことですか?」の先制攻撃から始まった
    今日のゲストコーナー
    ギターボーカルのユースケ 、ベースのレキ、ドラムのぼんぞう の3人組。
    2000年に、飲み屋で知り合った3人が、ギター、ベース、ドラムだったのが
    キッカケだそうです。ノリと勢いでスタートしたバンドなんだとか!?
    終始、居酒屋で、おじさんが若者に話すような、ノリでお届けしました。

    生演奏でお届けしてくれたのは、1曲目は、1969年発表、Jimmy Cliffのヒットで知られる
    「Many River To Cross / 遥かなる河」

    2曲目は、1964年にThe Driftersのヒットで知られる「UNDER THE BOARDWALK」
    日本でも、柳ジョージや、憂歌団のカヴァー、日本語の訳詞で荻野目洋子さんの
    カヴァーでも知られる名曲でした。「桟橋の下で」と訳されてましたが
    日本タイトル「渚のボードウォーク」で知られるナンバーでした。
    日本タイトルって独特ですが、DA MEN DA MENの3人も独特。
    コーラスで、どちらも音が外れるのも、ご愛嬌と言う事で。。。笑
    ユースケさんのボーカルが冴え渡る、そんな回となりました。

    そんな3人の今後の活動ですが、直近のフェス!だそうです。
    彼らの情報などは、こちらまで!