CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 第634回 令和2年4月15日(水)

    第634回 放送番組審議会議事録

    1.開催年月日

    令和2年4月15日(水)

    2.開催場所

    会議は中止。書面報告による開催。

    3.委員の出席

    委員の総数:5名
    出席委員数:3名
    出席委員の氏名:加藤正文|伊藤亜都子|渡辺真二|内藤良介
    会社側出席者:代表取締役社長 桃田武司|編成営業局専任局長 池添哲也

    4.議題

    (1)社業報告
    ・3密回避の一貫で、番組審議会を書面による審議にしました。ご了承ください。
    ・3月で2019年度が締まり、決算作業に入りますが、2月の姫路城マラソンの中止や、3月の大小いくつかのイベント中止など、コロナ関連の影響が出て、大きな収支逆ざやとなりました。赤字決算を回避するため、引き当てなどを見送ります。今期の最大のテーマは、本格化するFM補完のコストアップを吸収して、利益の出る体質を実現しようとしたものでしたが、結果的にはかないませんでした。一層の構造改革が必要です。
    ・4月からスタートした2020年度も、コロナの影響をもろに受けております。後半での巻き返しを図るつもりですが、そういう状況になるのかどうか。余談を許しません。
    ・緊急事態宣言を受けての対応では、放送業務を維持しつつも、接触を避けるためにゲストの自粛もしくは、電話つなぎを進める一方、社員については共働き家庭に配慮するなど、自宅でできる業務については積極的に在宅での業務を進めております。
    ・在宅勤務が難しい契約社員、アルバイト等については、雇用確保の観点から業務は継続し、通勤ラッシュと重なる午前8時、9時台の出社、午後5時、6時代の帰宅を避けるため、5月6日まで大幅な時短を実施しております。

    (2)事務局からの報告
    ・特になし

    (3)試聴
    試聴番組:『メルトンの膝で呼吸するラジオ』
    放送時間:令和2年3月28日(土) 26:00~27:00
    放送内容:プロゲーミングチーム『1’s BATTLE DOGS』所属のプロゲーマーMeLton(メルトン)がお送りするゲーム、eスポーツを紹介する番組。番組のタイトルにある「膝で呼吸する」とは、ゲームでの得意技、シューティングゲーム内で相手の球を避けながら射撃する=「屈伸打ち」から来た言葉。

    5.審議内容(各委員発言の大意)

    委員:良い点として、アシスタント(アメリさん)の番組の回し、話の「間」、コメントが良い。それがメルトンとの会話で活きることによって、番組に落ち着きを持たせて、聴きやすい流れを作っている。
    コメント例:「メルトンはミンティアの桜味を食べました」との状況説明をしっかりとする点。梅についてのフォローのコメントを行う点 等
    終盤に、メルトンがゲームについて語る視点が良かった。「春を感じるコーナー」における感想も含めて、メルトンの「感性」が醸し出されると番組に味が出る。
    気になった点として、冒頭にメルトンが一人で話し続ける部分が、ラジオ媒体としてリスナーに聞き取れているのかどうかが気になった。途切れる事なく話し続ける点や、話の内容が進行せず堂々巡りな点がノイジーに感じた。カンペを見てのやりとりもラジオ媒体としてリスナーに伝わりづらいのではないか。
    メルトンの言葉使いは独自の感性が出ていて面白いものの、花粉症が「若干 完治」などの表現は放送する言葉使いとしてはいかがなものか。
    「春を感じるコーナー」が長すぎるのではないか。

    委員:まず、テンポのよいトークとおふたりのバランスが良くて、楽しく聞かせていただきました。私自身は最近のゲームやゲーマーの配信するYouTubeなどになじみが少ないので、ついていけない部分もありましたが、うちの息子に聞いてもらって少し説明されるとわかるところもありました。若い世代の人や、ゲームの好きな人たちには、楽しく聞ける内容となっているのではないかと思います。若い世代層にリスナーを広げるよい機会だと思います。今後のご活躍にも期待しています。
    商品説明の部分、動画や画像のないラジオですので、もう少しどのようなものを取り扱っているのか最初に言葉で説明が丁寧にあると、より内容を想像しやすかったかなと思いました。お便りコーナーなどをさらに充実させて、参加型の部分をもっと増やしたり、SNSをうまく活用するなど新しいことにさらに挑戦してほしいと思いました。

    委員:良い点として、MC メルトンさん、ASST アメリさんの声のトーン、高低のある掛け合い、歯切れの良さはコンビとして素晴らしい。
    内容は深夜帯らしい構成であり、若いリスナーがワクワクする番組であると感じた。
    改善点として、深夜らしい良さを感じるが、一般的な層でとらえると独特な世界観のある番組だと感じる。特にパーソナリティのメルトンさんの声やリアクションであり、その声・リアクションも一本調子であるように感じる。

    委員:深夜番組の重要なポイントはリスナーに感じさせる「親密感」だろう。パーソナリティーのメルトンさん、アシスタントのアメリさんのトークは深夜にラジオに耳を傾けるリスナーにとって心地よいものだろう。
    メルトンさんのハイトーンの歯切れの良さに対して、アメリさんのアルトの落ち着いた関西弁が全体の雰囲気を心地よくしている。お便りを読むアメリさんにメルトンさんが突っ込む、いかにもラジオ番組の良さが発揮できている。「春を感じる」をテーマにいろいろなものを味わう食べるコーナーが興味深かった。

    事務局:本日は貴重なご意見をありがとうございました。

    6.審議会の答申、または改善意見に対してとった措置およびその年月日

    特になし

    7.審議会の答申、または意見の概要を公表した場合におけるその内容放送年月日

    「意見の概要の公表」
    自社放送:令和2年5月26日(火) 15時55分
    自社ホームページ:令和2年5月以降
    神戸新聞:令和2年5月26日(火) 朝刊
    本議事録の備置き:令和2年5月中旬以降に、ラジオ関西の本社および東京支社・大阪支社・姫路支社に備え置く

    8.その他の参考事項

    特になし

    9.次回放送番組審議会

    令和2年5月20日(水) 14時00分からを予定

    以上