CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 第638回 令和2年10月21日(水)

    第638回 放送番組審議会議事録

    1.開催年月日

    令和2年10月21日(水)

    2.開催場所

    本社 役員会議室

    3.委員の出席

    委員の総数:5名
    出席委員数:4名
    出席委員の氏名:加藤正文|渡辺真二|多名部重則|伊藤亜都子
    会社側出席者:代表取締役社長 桃田武司|編成営業局専任局長 池添哲也

    4.議題

    (1)社業報告
    ・上半期決算報告
    ・今後の取り組みについて
    ・10月9日AM波放送事故についての報告

    (2)事務局からの報告
    ・10月からの新番組について
    ・10月25日ラジオ関西まつり#ラジオノチカラ特番について
    ・11月1日高校野球秋季近畿大会決勝中継について

    (3)試聴
    試聴番組:『平田オリザの舞台は但馬』
    放送時間:令和2年10月1日(木) 13:00~13:25
    放送内容:豊岡市に拠点を移住した劇作家・演出家の平田オリザが、アートを介したコミュニケーションで地方都市が変化していく様子を多彩なゲストを迎えて発信していく。

    5.審議内容(各委員発言の大意)

    委員:全体的に楽しく聴けた。その中でも豊岡市長の中貝さんの人となりがよくわかり、行政のトップとして将来を考えた上で具体的に芸術・アートに目を付けていたというところが印象的。
    神戸市もやってみたいが、実際には移住してもらう地域に選んでもらうことはかなり難しいと思われる。

    委員:演者の空気感が前向きであり、良い番組の雰囲気が出ている。平田オリザさんはラジオのパーソナリティとしては素人ではあるが、それを配慮した時間設定になっている。これを企画したラジオ関西がすごい。
    今いい視点で豊岡は次のステップに向かおうとしている。継続的にアートでいいイメージに変えていく、そういう番組になってほしい。

    委員:25分番組なのでアッという間に聴けた。ローカル地域から発信する物事+アートという2本柱がキーとなっていて、今後も楽しく聴けるのではないかと思う。
    子供が英才教育を受けているという話もあったが、子供の頃に地域に愛着を持つと大きくなってまた戻ってくるということもあるので、長期的にみても良い取り組みである。

    委員:10月新番組の目玉番組ということで聴かせていただいた。この番組を企画した方の目利きが良い。リアルに移住した平田オリザさんならではの地域に根差した話が盛りだくさんあり、また大阪や神戸ではなく豊岡でアートというところにもカッコ良さが出ている。
    普通の観光番組ではなく、地域の地産地消が自然にラジオの中で表れていたので、アートを通してこれからの地域おこしに期待させられてしまう、ラジオ関西らしいスパーローカルな番組だった。

    事務局:本日は貴重なご意見をありがとうございました。

    6.審議会の答申、または改善意見に対してとった措置およびその年月日

    特になし

    7.審議会の答申、または意見の概要を公表した場合におけるその内容放送年月日

    「意見の概要の公表」
    自社放送:令和2年10月27日(火) 15時56分
    自社ホームページ:令和2年11月以降
    神戸新聞:令和2年11月17日(火) 朝刊
    本議事録の備置き:令和2年11月中旬以降に、ラジオ関西の本社および東京支社・大阪支社・姫路支社に備え置く

    8.その他の参考事項

    特になし

    9.次回放送番組審議会

    令和2年11月18日(水) 14時00分からを予定

    以上