CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く
  • 第658回 令和4年10月20日(木)

    第658回 放送番組審議会議事録
    開催年月日

    令和4年10月20日(木)

    開催場所

    ラジオ関西役員会議室

    委員の出席
    委員の総数
    5名
    出席委員数
    3名
    出席委員の氏名
    中部剛
    團野礼子
    伊藤亜都子
    会社側出席者
    代表取締役社長 小野秀明
    編成営業局専任局長 池添哲也
    議題

    社業報告

    • 上半期の決算について
    • 新卒採用について
    • ラジオ関西まつりについて

    事務局からの報告

    • 第70回民間放送全国大会について
    • 第26回ラジオ関西まつりについて
    試聴
    試聴番組
    ブクロフライ!!! by stand.㎙
    放送時間
    令和4年9月18日(日) 24:00~24:30
    放送内容
    世の中に埋もれている逸材を見つける青田買いラジオ。パーソナリティの東ブクロが連絡先を交換したいかどうかを基準にジャッジします。
    審議内容(各委員発言の大意)
    委員
    面白く聴いた。最初はダラダラ話していたが、放送時間を考えるとそれもありかと思った。今回紹介された人間横丁は知らなかったが、聴くだけでも個性的で良さを上手く引き出していた。今度見てみようと思えたので、コンセプトの青田買いという狙いは達成されていたと思う。
    収録・配信されることが前提なので、リスナーとどんな感じでコミュニケーションをとるのか気になる。ラジオはリアルで発信するのが役割だったが、配信なので、今後もし人間横丁がブレイクした後でも聴けるのがいい。
    委員
    深夜番組らしい番組。東ブクロも回しが上手。ゲストの最後の部分がダラダラした感じになっていたが、エンディングではまた聴きやすくなった。エンディングでリスナーからも募集のアナウンスもあったが、実際に見つけたというメールとかも紹介してもらえたら、リスナー参加型となる。
    配信番組は若い人が、自分が生まれていない時代の番組も聴くことができる。その人にハマるということもあり得るので、面白いことが起こるのかなと思う。番組自体の制作する流れが変わってくるのかもしれない。
    委員
    逸材はお笑いだけなのか、もっと広い分野なのか、気になった。プレゼンしていたパンプキンポテトフライは兵庫高校の出身だったので、親近感を持てた。人間横丁の雰囲気がユルくて、こういうのが今の若者にウケるのかと思うところがあった。面白い二人で言葉の語感が巧みで、頭の良い人達だった。漫才も見たがそのままだった。今後どんな人が紹介されるのが楽しみになる番組。
    配信番組になるとリスナーとの関わり方が変わってくるかもしれない。音声業界も変化してきているなと感じる象徴的な番組だった。
    事務局
    本日は貴重なご意見をありがとうございました。
    審議会の答申、または改善意見に対してとった措置およびその年月日

    特になし

    審議会の答申、または意見の概要を公表した場合におけるその内容放送年月日

    意見の概要の公表

    自社放送
    令和4年10月24日(月)17時12分
    自社ホームページ
    令和4年11月中旬以降
    神戸新聞
    令和4年11月1日(火) 朝刊
    本議事録の備置き
    令和4年11月下旬に、ラジオ関西本社および東京支社・大阪支社・姫路支社に備え置く
    その他の参考事項

    特になし

    次回放送番組審議会

    令和4年11月17日(木)14時00分を予定

    以上