CRKラジオ関西

  • radiko.jp いますぐラジオ関西を聴く
  • radiko.jp タイムフリーでラジオ関西を聴く

田代さや佳のMirache Music Triangle

  • 2019年2月15日(金) 17時40分 ゲスト

    ブリリアントなスペース・エンジェル(笑)八神純子 最終夜

    【2月11日 feat.ゲスト 八神純子 第3夜】

    OA楽曲

    M1 出発点 (スタートライン) / 八神純子
       from Album「There you are」(2015)

    M2 Mr. ブルー ~私の地球~   / 八神純子

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓radikoタイムフリーでチェック↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    Mirache Music Triangle | 02/11/月 23:30-24:00

    八神純子さんを迎えての最終夜。テーマは「音楽と2010年代」

    2001年以降、一旦音楽活動を休止していた八神さん。
    八神純子さんと
    タケ「2011年に復活されたきっかけは?」

    八神「一番下の子供が、高校を卒業したという事で、やっぱりアメリカにいると
       女性も必ず仕事をするんですよね!
       みんな子育てを終わるのをとにかく楽しみに待ってるんです。
       やっと、フルタイムで働ける!ってなるんですよね。私は何しようかな、
             って考えたんです。」

             アーティスト活動、引退も頭によぎっていたものの、それじゃいけない!と思い
             アメリカの女性達のように、覚悟を決めて活動を再開したそうです。

    タケ「不安とかなかったんですか?」

    八神「失う物は何もない!っていう所で、
             不安ってなかったですね!?ゼロからのスタートって気持ちで」

            しかし、始めてみると、やっぱり大変だったようです。自身の事を知らない若い人もいるし
            八神さん自身も、テレビに出ている人も知らない人だらけ。
            日本の音楽も激変していたそうです。

    八神「私は、私でいるしかない!」

            そう感じたようです。バイタリティーがあり、非常にパワフルな八神純子さん。
            さや佳さんも、その頃の八神さんのライブを見たことがあったそうで、大興奮で
            伝えていました。
            シンガーソングライター 八神純子さん、
            ライフワークでもある「君の街へ」と言うコンサートツアーの他、
            色々な所で、これからも力強くも繊細な歌声を届けてくれると、感じたインタビューです。

    最後の質問:八神純子を支える3つの要素 Traiangleは?

    八神「ブリリアントなスペース・エンジェル」

    一同「(爆笑)」

    「ブリリアントなスペース・エンジェル」とは、八神さんのデビュー当時の
    キャッチコピーでした。70年代から、2010年代に再び降臨した瞬間でした。
    改めて、唯一無二の存在感と、それを支える才能を感じる素敵なアーティストの
    お一人でした。

    来週、月曜日までradikoのタイムフリーでもご視聴できるので、是非
    チェックして見て下さい。

    Mirache Music Triangle | 2019/02/11/月 放送回 

     

    【八神純子さん LIVE INFO】

     八神純子 Official Web Site

    【billboard Live大阪】
      八神純子 with 後藤次利 “The Night Flight 6”
      feat. 村上“ポンタ”秀一、佐藤準、北島健二

    【日程】2/26(Tue ) 1st Stage Start 18:30 / 2nd Stage  Start 21:30
        2/27(Wed)  1st Stage  Start 18:30 / 2nd Stage  Start 21:30
        2/28(Thu) 1st Stage  Start 18:30 / 2nd Stage  Start 21:30

    Billbord大阪 詳しくはこちら 

    八神純子さんが出演するコンサートが、ここ兵庫県で行われます。
    2018年、台風のため中止となった公演の振替公演。
    「billboard classics festival 2018 in Nishinomiya」
    3月1日(金) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO
    大ホール現代のディーヴァたちが共演するポップスとオーケストラの祭典。

    【出演】八神純子、NOKKO、元ちとせ、Crystal Kay、福原美穂、手嶌葵、川井郁子
    【指揮】柴田真郁
    【演奏】大阪交響楽団 
    【合唱】宝塚少年少女合唱団 ソウルバードクワイア
        総勢、200名を超える豪華舞台。チケットは、現在発売中です。

    【一般販売中 チケット残りわずか】

     ローソンチケット 0570-084-005 (Lコード:54919)
     イープラス
     チケットぴあ  0570-02-9999 (Pコード:137-193 )
     CNプレイガイド  0570-08-9999

     Yahoo!チケット

     会館チケットセンター 0798-68-0255 (10:00~17:00 月曜休み、祝日の場合翌日休み)

    【お問合せ】 YUMEBANCHI 06-6341-3525(平日11:00〜19:00)