森友問題、本質はどこに?逃げ切れない「国有地大幅値下げ」と「公文書改ざん」

籠池泰典・諄子両被告(2020年2月19日・大阪地裁)
(写真3枚)

学校法人「森友学園」を舞台にした補助金詐欺事件。 大阪地裁は19日、詐欺などの罪に問われた学園前理事長の籠池泰典被告(67)に懲役5年の実刑、妻・諄子被告(63)にについては一部を無罪として懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。2人は無罪を主張していたが検察側はいずれも懲役7年を求刑していた。