なにわ男子の西畑大吾、ラジオで単独テレワーク放送を実施「こんなときだからこそ、リスナーの皆さんを楽しませたい」

LINEで送る

 毎週日曜日に放送中、なにわ男子の西畑大吾がパーソナリティーを務める、ラジオ関西『関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース』(日曜午後11時30分~)。4月19日の放送は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、西畑大吾の単独出演によるテレワークでの収録となった。番組初となる今回のテレワーク収録について、西畑は「こんなときだからこそ、リスナーの皆さんが少しでも楽しい気持ちになれるような番組をお届けしていきたいと思います」とリスナーを気遣いつつ意気込みを語った。

 番組冒頭では、西畑の「こういう時だからこそ、新コーナーで皆さんに楽しんでいただければな」という思いから新コーナーがスタート。“西畑がリスナーに向けて、あるテーマに沿ったオススメの音楽を3曲セレクトする”という新企画「西畑のSONG!SONG!SONG!」。第1回となる今回は、“元気になれる曲”をテーマに楽曲をチョイスしたそうで、真っ先に思い浮かんだ楽曲としてSMAPの『がんばりましょう』を挙げた西畑。「メロディもそうですし、なんといっても歌詞が前向きで、自分(西畑)にも言ってくれてるみたいやし、たくさんの方々に向かって『がんばりましょう どんな時もくじけずにがんばりましょう』って(言ってくれている)」という、選曲ポイントを明かした。楽曲紹介とともに、西畑らしい形でリスナーへとエールを送った新コーナー。残り2曲のセレクトソングとあわせて、西畑の“元気を届けたい”という思いがたっぷりと詰まっていた。

 おたよりコーナーでは、現在、SNSでハッシュタグ『#おうち時間』が流行しているということから、“西畑くんのおうちでの過ごし方が知りたい”というリクエストが届いた。ドラマや映画を観るほかに、筋トレや料理なども行い、さらに文章に触れたりするなど、時間を有効活用している様子の西畑だが、「もっと自分の実になることはないのかな、と模索しているところ」だという。ちなみに、『おうち時間』でのストレス発散方法は、「自分の感情に対して素直になるために“泣くこと”」。ドラマなどを観て感動の涙を流しているそうで、その詳細については、このオンエア限定で特別なエピソードも明かしていた。『ラジコ』では本放送後1週間まではタイムフリーで聴取が可能。この機会にチェックしておきたい。

 番組のエンディングで、今回のテレワークによる番組出演について振り返りつつ「僕、西畑大吾は元気です。なにわ男子のメンバーも、関西ジャニーズJr.のメンバーも元気でございますので、ぜひとも安心していただければなと思います」と、西畑やなにわ男子・関西ジャニーズJr.の面々を心配しているであろうリスナーに向けて温かな言葉をかけた。

関西ジャニーズJr.とれたて関ジュース | ラジオ関西 | 2020/04/19/日 23:30-24:00

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事