脇役かぶり・運命・Uターン…韓国ドラマ初級あるある5選(2)

LINEで送る

『愛の不時着』『梨泰院クラス』をきっかけに韓国ドラマにどハマりした“韓ドラ初心者”の筆者が、10作品を観て感じた「韓国ドラマあるある場面」紹介の第2弾です。

『愛の不時着』は運命を感じさせる名作だ。(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)
『愛の不時着』は運命を感じさせる名作だ(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

●主人公とヒロイン。実は過去に二人は出会っていた…

 運命をテーマにした作品が韓国には多いようです。たとえば、幼少期に特別な関係だった二人が、その事実を知らずに大人になってから出会い、恋に落ちていく……というシチュエーションに、私はすでに複数回遭遇したことがあります。中盤以降に衝撃の過去が明らかになるという展開は、韓国ドラマに欠かせないスパイスなのかもしれません。

●あのお母さんがこの作品でもお母さん!

 脇役と呼ばれる立ち位置のキャストが複数作品で『かぶる』のは、韓国ドラマの大きなあるあるでないでしょうか? 特にメインキャストの両親や会社の重役で『かぶり』がよく発生している印象があります。初めて観る作品でなじみの顔を発見したときは、わずかな安心感に包まれますね。そして「あれ? この母親役の方、どの作品で観たかなあ?」と頭を回転させ、見事その作品を思い出せたときの謎の達成感は心地よいものです(笑)。

●急にUターン

 韓国ドラマでは、なぜか車の運転中に恋人や仲間の危機(悪いやつに拉致される等)を知ることが多いです。電話でその知らせを受けるとすぐ、勢いよくハンドルを切ってUターン。元きた道をものすごい速さで戻っていきます。(速度違反大丈夫?) 作品につき、少なくとも一度は登場すると言っても過言ではない定番シチュエーションですね! そのカッコよさに感服するとともに、よく事故にならないなといつも感心してしまいます(笑)。

 『ヒーラー ~最高の恋人~』では、パク・ミニョンに危機が訪れると、チ・チャンウクがすぐに駆け付ける。(『ヒーラー ~最高の恋人~』はU-NEXTで配信中/ Licensed by KBS Media Ltd. ©2015 KBS. All rights reserved)
『ヒーラー ~最高の恋人~』では、パク・ミニョンに危機が訪れると、チ・チャンウクがすぐに駆け付ける。(『ヒーラー ~最高の恋人~』はU-NEXTで配信中/ Licensed by KBS Media Ltd. ©2015 KBS. All rights reserved)

●寝るときもフルメイク

 ドラマで就寝中のシーンを撮影する際に、女優がすっぴんでないことなんて百も承知です。でも「せめてすっぴん風にはしてよ!」とは思ってしまいます! 目元パッチリ、眉毛くっきりは当然のこと。「あれ? もしかして口紅塗っちゃってません?」なんてことも……(笑)。しかし、その美しさに見とれてしまうのもまた事実です……。

●女性のけんかが怖すぎる!

 女性同士がけんかをする場面は日本のドラマでも当然ありますが、韓国ドラマではその迫力が違います。罵倒しながら髪の毛を引っ張り合う……というのが典型的なけんかのシーン。これはあくまでドラマでの描かれ方ですが、実際のところはどうなのでしょうか。一度、本場のけんかを見物してみたいものです(遠くから……)。

 『太陽の末裔 Love Under The Sun』でも、ソン・ヘギョが同僚の女性と髪を引っ張り合うシーンが。( 『太陽の末裔 Love Under The Sun』U-NEXTで独占配信中/Licensed by Next Entertainment World © 2016 Descendants of the Sun SPC)
『太陽の末裔 Love Under The Sun』でも、ソン・ヘギョが同僚の女性と髪を引っ張り合うシーンが( 『太陽の末裔 Love Under The Sun』U-NEXTで独占配信中/Licensed by Next Entertainment World © 2016 Descendants of the Sun SPC)

(神吉将也)


【関連記事】
財閥・お見合い・モザイク…韓国ドラマ初級あるある5選!
シャワー・すね蹴り・ひん死…韓国ドラマ初級あるある5選(3)
なぜフルネーム呼び?『愛の不時着』『梨泰院クラス』で韓ドラにハマって気になったこと
韓国ドラマに出てくる緑の小瓶!韓国焼酎ってどんなの?調べてみた

関連記事