なぜフルネーム呼び?『愛の不時着』『梨泰院クラス』で韓ドラにハマって気になったこと

LINEで送る

 ネット動画配信サービス「Netflix」で公開中の韓国ドラマが⽇本でも⼤ヒットしています。特に『愛の不時着』と『梨泰院クラス』は、従来の韓ドラファンの枠を超えて⼤きな話題を呼んでおり、筆者もハマってしまったひとり。ただ、そこでふとした疑問がわきました。

Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中

 筆者(27歳男性)は、韓国ドラマにもともと抵抗があり、⺟親世代や若い⼥性が観るものだと決めつけてしまい、触れずに⽣きてきました。しかし、この⾃粛期間の“おうち時間”で、「何か新しいものに触れてみよう」と、話題の『愛の不時着』、『梨泰院クラス』にトライ。すると、いとも簡単にとりこに……。『ピノキオ』、『ロマンスは別冊付録』、『私の名前はキムサムスン』など、⽴て続けに韓ドラを追う⽇々が始まりました。

Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中

 そうして韓ドラの作品を楽しんでいると、気になったことがありました。たびたび、作品中で⼈々が相⼿のことをフルネームで呼んでいるのです。

 たとえば『愛の不時着』では、ヒョンビン演じる北朝鮮軍の将校リ・ジョンヒョクが「ユン・セリ︕」とソン・イェジン演じるヒロインの名を叫ぶ場⾯が何度も観られます。また出版社が舞台の作品『ロマンスは別冊付録』でも、イ・ナヨン演じる「カン・ダニ」という名前がフルネームで何度も呼ばれています。「カン・ダニさん。鉢植えに⽔を」といったふうに。

Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『ロマンスは別冊付録』独占配信中

 これを⽇本に置き換えた場合、少し違和感がありますよね︖ 公共の場でフルネームで名前を呼ばれるのは、病院の待合室ぐらいで、基本的には「佐藤さん」、「鈴⽊さん」などと呼びます。これには理由があるに違いない。そこで、気になるこのワケについて神⼾三宮の韓国語教室「セットン」の代表イ・スンソンさんにうかがいました。

「韓国では、公共の場でフルネームに日本語の『さん』にあたる『씨(シ)』を付けて呼ぶのが礼儀です。一方、日本語では『苗字+さん』で呼ぶことが一般的ですが、韓国語で同様に『キム씨(シ)』と呼んでしまうと、これは生意気で、失礼な表現となってしまうので注意が必要です。フルネームで呼ぶことは社会的なマナーですね」

 ちなみに、日本の苗字は、約30万種におよびますが、韓国では300種にも至らないほどで、その中の三大苗字である金(キム)さん、李(リ)さん、朴(パク)さんが全人口の半分近くを占めているそうです。仮に韓国人の集団に「キムさん!」と苗字だけで呼びかけた場合、振り返るのはきっと一人ではなさそうですね。フルネームで呼ぶことを忘れないようにしたいです。

 このように韓国ドラマは、日本とは全く違う文化や習慣に触れられるという点でも興味深いものです。各動画配信サービスで様々な作品が観られるので、一度ご覧になってみては?

(神吉将也)


【関連記事】
韓ドラで発見!約束・三角関係…韓国語と日本語が似ている理由を聞いてみた
韓国ドラマに出てくる緑の小瓶!韓国焼酎ってどんなの?調べてみた
財閥・お見合い・モザイク…韓国ドラマ初級あるある5選!
脇役かぶり・運命・Uターン…韓国ドラマ初級あるある5選(2)
シャワー・すね蹴り・ひん死…韓国ドラマ初級あるある5選(3)

関連記事