「紫電改」の鶉野飛行場跡 巨大防空壕跡がシアターに

高い天井が特徴的な巨大防空壕シアター。正面奥のコンクリート壁面に映像が映し出される=加西市鶉野町
(写真4枚)

太平洋戦争中に姫路海軍航空隊訓練基地だった鶉野飛行場(兵庫県加西市鶉野町)。加西市は、戦闘機「紫電改」の実物大模型の公開に併せ、戦争遺跡群の一つである巨大防空壕跡を、映像による平和教育のためのシアターに整備した。

関連記事