宝塚歌劇「レビュールーム」公開 宝塚ホテルが移転開業

LINEで送る

この記事の写真を見る(14枚)

 優雅で華やかな「宝塚」のシンボルである。宝塚ホテルが、2020年6月21日(日)に移転してグランドオープンする。1926年の開業以来、90年以上にわたり阪神エリアの人々に愛されていた同ホテルは、建物の老朽化などのため場所を移して新たに開業する。

◆「宝塚らしさ」を担う外観

 移転してもどこか懐かしく、格調高いクラシカルな建築デザインはそのまま。淡いピンクの切妻屋根はもちろん、植物をモチーフとしたレリーフの外装は以前と同様だ。回廊にあった特徴ある大きな半円アーチの窓は新しいホテルの1階に再現されているほか、本館階段にあった石造りの手すりの一部が新ホテルの1階階段に生かされている。「宝塚ホテル」の歴史と思い出を残し、継承するようなつくりになっている。

切妻屋根と植物モチーフのレリーフ(左から)旧ホテル・新ホテル
切妻屋根と植物モチーフのレリーフ(左から)旧ホテル・新ホテル
本館階段(左から)旧ホテルと新ホテル
本館階段(左から)旧ホテルと新ホテル

◆客室・宴会場も旧ホテルを継承した世界観

 客室は華やかさと清らかさ、クラシックな落ち着きに満ちたくつろぎの空間だ。宝塚ホテルが以前から持つエレガントな雰囲気を受け継ぎ、ホテルのメインコンセプトである「夢のつづき」にゆったりと浸ることができる。

・エレガンス
・グレース
・モノトーン

エレガンス
エレガンス
モノトーン
モノトーン

 カラータイプ3つの客室が用意されている。「エレガンス」は、アクセントカラーにピンクを用いた部屋で、宝塚ホテルを象徴する華やかな客室。一方で「グレース」のアクセントカラーは落ち着いたブルー。清らかに気持ちをリラックスさせる。「モノトーン」は落ち着いた色調のクラシカルな空間。ビジネスシーンにも対応するようなかっちりとした部屋だ。また、客室フロアには、「花」「月」「雪」「星」「宙」のモチーフが散りばめられた絨毯や旧ホテルの写真が飾られている。客室のみならず、フロア全体で宝塚の町らしい贅沢な雰囲気を楽しむことができるのだ。


【宝塚ホテル】
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hh/takarazukahotel
住所:宝塚市栄町1丁目1番33号
電話:0797-87-1151

LINEで送る

関連記事