神戸・都賀川水難事故12年「もうダメだ」男性、濁流の恐怖語る

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

 ゲリラ豪雨による増水で子どもを含む5人が死亡した神戸市灘区の都賀川で起きた水難事故は28日、発生から12年を迎えた。

増水時の都賀川
増水時の都賀川

 2008年7月28日、朝から快晴だった神戸市の上空。しかし灘区は午後3時前に突然、激しい雷雨に襲われた。水位は10分で約1.3メートルも上昇、津波のような濁流が襲い、子ども3人を含む5人が死亡した。

7月28日を『子どもの命を守る日に』
切なる願い・7月28日を『子どもの命を守る日に』

 事故で犠牲になった子どもと同じ学童保育所に子どもを預けていた神戸市の谷口美保子さんは、市民団体「7月28日を『子どもの命を守る日に』実行委員会」を事故の翌年に立ち上げ「二度と事故を起こさないために、活動で得た知識や教訓を多くの人と共有したい」と訴える。

■「もうダメだ」濁流の恐怖語る~能勢文夫さん

 大阪府吹田市の建設会社経営、能勢文夫さんは当時、都賀川の河口から約1.5キロ地点の山手幹線に架かる「新都賀川橋」の耐震補強工事中だった。突然の雨で撤収作業を始め、最後に残った能勢さんの眼前に上流から濁流が迫った。「このままでは死んでしまう。もうダメだ」。とっさに橋脚にしがみつき約30分後、レスキュー隊に救出された。救急車内で「子どもが流された」と聞き鳥肌が立ったという。

濁流に飲まれそうになった新都賀川橋を指さす能勢文夫さん(左)、谷口美保子さん(右)
濁流に飲まれそうになった新都賀川橋を指さす能勢文夫さん(左)、谷口美保子さん(右)
新都賀川橋
新都賀川橋は河口から1.5キロ地点(神戸市灘区)

■「水の恐ろしさ、油断しないで」

 大雨や台風の季節に入り、能勢さんは社会全般の水害に対する認識はまだまだ甘いと指摘する。「事故前の自分と同じで『自分だけは大丈夫』と過信している。毎年、全国で風水害が起きる。被害が多いのは一級河川。でも川幅が広い分、増水しても時間的に逃げる猶予はある。ただ都賀川のように流域面積が小さいと(大雨が)降った瞬間に増水する。今は1回で驚異的な量の雨が降るだけに水の恐ろしさを知ってほしい」と訴える。

新型コロナウイルスの影響で規模を縮小
新型コロナウイルスの影響で追悼セレモニーはなく規模を縮小
地域の方々や子どもたちから1万羽以上の折り鶴が届く
地域の方々や子どもたちから1万羽以上の折り鶴が届く

■パネル展「都賀川水難事故から防災を考える」も開催

パネル展「都賀川水難事故から防災を考える」(神戸市立灘区民ホール)
パネル展「都賀川水難事故から防災を考える」(神戸市立灘区民ホール)

 谷口さんら「7月28日を『子どもの命を守る日に』」実行委員会は、現場近くの神戸市立灘区民ホールでパネル展「都賀川水難事故から防災を考える」を開いている。都賀川は六甲山系の雨を短時間で海へ流し、土石流災害を防ぐという重要な役割を担ってきた。街中の水も流す排水溝のような「雨水管」という役割もある。しかし傾斜が急なため増水のスピードが早い。谷口さんは「私たちは12年経ち事故を忘れてしまいがち。また河川敷を親水公園にしたことで安全な川だと思い込んでいる。パネル展では都賀川をはじめ神戸(六甲山系)の川がどいういうものなのか、被害を食い止めるために雲の様子や川面の様子などを見てどういう点に注意すべきかを伝えたい」と話す。パネル展は灘区民ホール・1階ロビーで8月2日まで。

関連記事