旧優生保護法訴訟「不妊手術、50年間打ち明けられず」兵庫の男性訴え 神戸地裁

神戸地裁
(写真1枚)

旧優生保護法(1948~1996年)のもとで不妊手術を強制されたとして、兵庫県内の男女5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の第7回口頭弁論が30日、神戸地裁であった。

関連記事