大阪=たこ焼き、名古屋=手羽先……神戸=カレー! 「ラージクマール」片山絢一さんの挑戦

LINEで送る

この記事の写真を見る(7枚)

■サラリーマンからカレー屋に……“華麗な”⁈転身の経緯

――生まれは群馬県ですよね。どうして神戸に?

 群馬県は海がない内陸の県だったので、港町や船といったものにすごく憧れていました。就職は東京だったのですが大阪に転勤することになり、その時に住む場所に選んだのが神戸でした。

――いろいろな料理がある中でカレーを選んだ理由は?

 最初は、「料理出来たらモテるかな」くらいの軽い気持ちでした(笑)。パスタなどいろいろ作ったんですが、中でもカレー作りがめちゃくちゃ楽しくて。

――カレーを仕事にしようと思ったのは?

 独学でカレーを作り始めて1年半くらいの時、素人でも出られるカレーフェスに出店してみました。自分の研究してきたカレーがたくさんの人に喜んでもらえて、その対価でお金をいただける。ものすごく楽しくて、これを仕事にできたら幸せだな、と思いました。お店を持ちたいと思ったのはそこですね。

厨房に立つ片山さん

――でも当時はまだサラリーマンですよね。

 飲食業の経験はもちろんありませんし、まずは週末だけやってみて経験を積もうと思いました。自信がついたことと、少しずつ貯金がたまり資金の面がクリアされたことで、実店舗を持つ運びになりました。親は許してくれたんですけど、「大学まで行かせてもらって……」と、正座をして話しましたよ(笑)。


Twitter
https://twitter.com/rajkumar_curry1/

Instagram
https://www.instagram.com/rajkumar_curry/

Facebook
https://www.facebook.com/rajkuermarcurry/

LINEで送る

関連記事