天台座主・大樹孝啓師「本土決戦、“死”に抵抗なし」書写山円教寺・前長吏 ~太平洋戦争・追憶~《上》

(写真11枚)

天台座主・大樹孝啓師(97・書写山円教寺前住職)は太平洋戦争期間中に海軍航空隊を転戦する。戦争は見える敵が相手だったが、75年経ち私たちの前に立ちはだかるのは見えない敵、新型コロナウイルス。そこである言葉がよぎったという。

関連記事