「見えぬ敵、この国に問う」勝海舟・玄孫が語る 髙山みな子さん 「GoToトラベル 国民の迷走は誰のせい? 」《下》

『氷川清話』明治31年(1898)ごろ刊行。海舟と交友があったジャーナリスト・徳富蘇峰が序文を記した。(髙山みな子さん所蔵)
(写真6枚)

日本が戦後、経験したことのない国難ともいえる新型コロナウイルスの感染拡大、どう立ち向かうのか。付随して起きた現象「GoToトラベルキャンペーン」、国民の迷走は誰のせいなのか。

関連記事