【インタビュー前編】「北村匠海の声は憂いと色気がある」三木孝浩監督

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 8月14日(金)全国ロードショーの映画「思い、思われ、ふり、ふられ」(通称「ふりふら」)。メガホンを取るのは「アオハライド」「フォルトゥナの瞳」などを手掛けた恋愛映画の名匠・三木孝浩監督だ。今作は、ほとんどのシーンを神戸で撮影している。ロケが順調に進むよう支えたのは神戸フィルムオフィス代表の松下麻理さん。なぜ神戸が選ばれたのか、どのような想いで制作に臨んだのか、キャストの素顔や撮影エピソードを聞く。

sub05

◆神戸をロケ地に選んだ理由とは

――「神戸で撮影しよう」と提案したのは三木監督だと聞きましたが……。

三木 そうなんです。以前「フォルトゥナの瞳」という映画を神戸で撮影させてもらって、素敵なロケーションだったので今回も神戸で撮りたいと思っていました。

――では松下さん、監督側からはロケ地についてどんなオーダーがありましたか?

松下 「フォルトゥナの瞳」を撮影した時は海がメインだったので、それとは違う場所がいいと要請されました。なので、今作では山側をメインにロケ地を選んでいます。

main

◆監督から見たキャストの魅力

――撮影に臨むにあたって、監督が気を配ったことは何ですか?


■映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

キャスト:
浜辺美波 北村匠海 福本莉子 赤楚衛二
上村海成 三船海斗 古川雄輝 / 戸田菜穂

原作:咲坂伊緒「思い、思われ、ふり、ふられ」
(集英社マーガレットコミックス刊)

監督・脚本:三木孝浩

脚本:米内山陽子

音楽:伊藤ゴロー

劇中音楽:小瀬村晶

主題歌:「115万キロのフィルム」Official髭男dism
(LASTRUM Music Entertainment Inc.)

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」公式ホームページ
https://furifura-movie.jp/

公式Twitter
@furifura_movie
https://twitter.com/furifura_movie

公式Instagram
furifura_movie
https://www.instagram.com/furifura_movie/

LINEで送る

PUSH! | ラジオ関西 | 2020/08/12/水 16:30-17:35

放送後1週間聴取可能、エリア内無料 radikoプレミアム会員はエリア外聴取可

関連記事