JR尼崎駅前ブロック殺人、男を起訴 責任能力ありと判断 神戸地検

LINEで送る

この記事の写真を見る(2枚)

 尼崎市の路上で3月、男性をコンクリートブロックで殴り殺害したとして逮捕され、精神鑑定していた住所不定・無職の男(44)について神戸地検は4日、殺人罪で起訴した。

神戸地検
神戸地検

 起訴状によると、男は2020年3月17日午前11時すぎ、尼崎市長洲西通1丁目の路上で、市内で介護施設を経営する男性(当時70歳)の顔をコンクリートブロックで殴り殺害したとされる。男は、男性が運営する介護施設で訪問介護を利用していたという。

神戸地検
神戸地検は男の認否を明らかにしていない

 神戸地検は、専門の医師による精神鑑定を行うため、4月から6月まで男を鑑定留置し、責任能力があると判断した。なお男の認否を明らかにしていない。

LINEで送る

関連記事