持続化給付金、神戸の会社役員ら1.5億円不正受給か 「名義貸し」募る?

兵庫県警本部
(写真2枚)

新型コロナウイルスの影響で収入が半減するなどした個人事業主らを資金面で救済する「持続化給付金」制度を悪用し、架空の事業を記載して100万円をだまし取ったとして神戸の会社役員らが逮捕された事件で、不正受給した総額が約1億5000万円にのぼったことが捜査関係者への取材でわかった。

関連記事