市民の命を守る救急隊の意外な悩み 神戸の消防署が搬送エピソード募集

LINEで送る

 災害や急病、事故など、あらゆる場面で市民の命を助けてくれる救急隊。いざというときに頼りになる心強い存在だ。しかし、そんな救急隊の隊員たちもある悩みを抱えているという。

 そこで神戸市内で最も出動件数が多い救急隊を抱える兵庫消防署(神戸市兵庫区)が、全国でも珍しい『過去に救急車を利用して救われたエピソード』の募集を始めた。救急隊員の悩みとは? なぜエピソード募集なのか? 普段あまり知ることのない、救急隊の仕事内容も含めて神戸市消防局の殿村みづきさんと兵庫消防署の川村翔太さんに話を聞いた。

神戸市内で最も多い出動件数をこなす兵庫消防署の救急隊員たち
神戸市内で最も多い出動件数をこなす兵庫消防署の救急隊員たち

――川村さんは、兵庫消防署の救急係長とのことですが、普段どのようなお仕事をされていますか。

【川村さん】兵庫消防署は本来、兵庫区湊川公園の北側にあったんですが、現在は来年度の建て替え完成に向けて、荒田公園内に仮設庁舎を据えています。私はそこで警備・勤務をしていて、主に救急隊の管理が主な業務ですね。急病人や怪我人を病院へ搬送するのは救急隊の役目で、3チーム体制で24時間365日、ローテーションを組んで勤務しています。

――兵庫消防署には神戸で最も出動件数が多い救急隊がいるんですね。

【殿村さん】令和元年(2019年)だと、救急隊1隊の出動件数が4039件、1日平均11件ほどになります。1回の出動が1時間前後と考えて、24時間勤務の内、半分以上が現場に出ているということになりますね。

市民の命を守る適切な対応を身につけるため訓練は欠かせない
市民の命を守る適切な対応を身につけるため訓練は欠かせない

――救急隊の仕事をするうえで、心がけていることは何ですか。

【川村さん】最近は、緊急度の低い、救急車が必要とは言えないような軽傷での通報が目立っています。ですが、軽傷事案のなかに緊急度の高い事案が隠れていることがあるので、それを見落とさないよう、先入観を持たず、1件1件の事案に向き合うことを心がけています。救急係長としては、労務管理が主になるので、昼夜問わず出動して食事や睡眠をまともにとれない隊員のため、少しでも働きやすい環境づくりを心がけています。

――兵庫消防署では今、市民の皆さんから救急搬送にまつわるメッセージを募集しています。応援メッセ―ジや標語の募集はよくありますが、なぜ救急搬送の経験談を募集することに?

【殿村さん】実は、救急隊は、病院へ搬送した後に皆さんがどうなったか知ることがほとんどありません。「交通事故に遭ったあの子は、無事動けるようになっただろうか?」と、気にかけながら次の現場へと向かっています。そこで、過去に救急車を利用して救われた経験がある、というご本人やご家族から、様々なエピソードをお寄せいただこうと兵庫消防署で企画しました。

エピソード募集

――すでにお寄せいただいているなかから、ひとつご紹介しましょう。

「てんかん持ちの息子がけいれんをおこしたとき、いつもの発作とは様子では違ったので慌てて119番。救急隊員のみなさんが家にきてくださりいざ出発!というときに隊員の方が救急車を降りて、救急車の後を追う予定の主人のもとへ。私は息子の付き添いで救急車の中にいたため、その時何かあったのか分かりませんでしたが、後に主人に聞いたところ『〇〇病院へ向かうので、救急車は赤信号でも走っていきますが、後を追うお父さんは信号や交通ルールをきちんと守っておちついて安全に病院まできてください』と声をかけられたそうです。その声かけがなかったら、救急車の後を信号無視して追いかけていたかもしれないと主人が申しておりました。混乱する家族への一言、さすがだと感心しました。」
(『過去に救急車を利用して救われたエピソード』より)

―――救急隊を呼ぶ方はパニックになっていますから、それをどう落ち着かせるか、というのは重要ですね。

【川村さん】救急隊では傷病者やご家族に落ち着いてもらうための“声かけ”も繰り返し訓練しています。我々の活動は病院に搬送した後のことはわからないので、普段ご本人からの声を聴くことはありません。こういうメッセージをいただけると、気持ちに寄り添う対応ができていたんだな、とモチベーションがあがりますね。

神戸市消防局の殿村みづきさん(左)と、兵庫消防署の川村翔太さん
神戸市消防局の殿村みづきさん(左)と、兵庫消防署の川村翔太さん

 メッセージの受付は2020年10月末まで。『過去に救急車を利用して救われた経験がある』という本人や家族が対象でエピソードは、広報誌への掲載や広報動画などで紹介するという。詳しくは神戸市消防局兵庫消防署のホームページから。

お話:
神戸市消防局 予防課予防係 殿村みづきさん
兵庫消防署  救急係長   川村翔太さん

※ラジオ関西『PUSH!』2020年10月6日放送回より


■神戸市消防局
https://www.city.kobe.lg.jp/a00059/20200817.html

関連記事