神戸地裁所長に着任、古財氏 “2つの山口組抗争”審理 「裁判員制度運用、どう線引きするか」

(写真4枚)

10月24日付で神戸地裁・所長に着任した古財英明(こざい・えいめい)氏が、17日に開かれた会見で 「民事裁判手続きのIT化が進んでいる。さらに利便性を高め、迅速化に努めたい」などと抱負を述べた。

関連記事