おうちでできる生ごみ処理エコ活動 ~家庭でも可能なバッグタイプの開発エピソード~

LINEで送る

この記事の写真を見る(3枚)

 元フジテレビアナウンサーで、兵庫県出身のフリーアナウンサー・田中大貴さんが、地元のラジオ局・ラジオ関西で、林歳彦さんとパーソナリティーを務めるラジオ番組『としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!』。毎回、「ええやんカー」「やってみよう!!」の実践・活動家であるアスリートや経営者とともにトークを進めている。

 今回はローカルフードサイクリング株式会社(本社:福岡市東区)の平由似子代表をゲストに迎え、「子どもたちに残すべき、サステナブル(持続可能)な社会とは」をテーマに、同社の開発した商品のエピソードを交えて、話を進めた。

左から、林歳彦さん、田中大貴さん、ローカルフードサイクリング株式会社の平由似子代表
左から、林歳彦さん、田中大貴さん、ローカルフードサイクリング株式会社の平由似子代表

 同社は「LFCコンポスト」という、生ごみを栄養のある堆肥(土)に変える専用バッグ(容器)の開発・販売を手掛けた。

家庭の生ごみを減らし、おいしい野菜をつくるための堆肥(土)を作ってくれるコンポスト「LFCコンポスト」の専用バッグ(LFCコンポスト ホームページより)
家庭の生ごみを減らし、おいしい野菜をつくるための堆肥(土)を作ってくれるコンポスト「LFCコンポスト」の専用バッグ(LFCコンポスト ホームページより)

 生ごみ処理機ということで、当初、「ポリバケツ」的なものを想定していた番組パーソナリティーやスタッフ。しかし、実際にみると「シックでオシャレなエコバック」のよう。しかも素材はペットボトルリサイクル製品というから、この時点ですでに“エコ”であり、“サステナブル”で、“エシカル(倫理的・社会的)”といえる。

 家庭で出る生ごみの約90パーセントは水分で、残りの約10パーセントが栄養分。この専用バッグに入れて独自の配合基材を混ぜ合わせ置いておくと、微生物が分解を早め、悪臭の発生を抑え、植物にとって大変栄養のある「堆肥」ができあがるというもの。

 仮に1日300gの生ごみを1か月半~3か月投入し続けても、高さ37cm、横幅50cm、奥行21cm(持ち手含まず)のバッグは満杯にならず、その後2~3週間で堆肥となるそうだ。

 平さんは独身時代、証券会社でバリバリ株を売っていた敏腕証券ウーマン。バブル期にはイケイケの派手なときもあり「地球環境」のことなど考えたことなどなかったという。

 そんなある日、平さんが大好きだった父親が「末期がん」にかかり、余命3か月の宣告を受ける。医師と相談して、父親を病院から自宅に移して療養することを決めた。自宅では「玄米菜食」に変えて元気に過ごそうと家族で話し合っていた矢先、初日から壁に当たった。

 父親に食べてもらいたい「無農薬野菜」が手に入らないのだ。福岡市内を2時間以上走り回ってやっと手に入れた(無農薬)野菜が「(鮮度が)古くて(価格が)高い」もの。現在であれば「オーガニック専門店」などが少ないながらもあちこちにみられるが、当時は入手に苦労したことは想像に難くない。

 それでも最愛の父親のために無農薬野菜を中心とした食事を家庭で提供できてよかったのではないかと語った。やはり毎日の食事の大切さを痛感し、自分の娘のためにも「安全安心な野菜を食べさせたい(そのためにも)環境を変えていかなければならない」と決意をしたきっかけになったと話す。

ローカルフードサイクリング株式会社の平由似子代表と、同社が買発した生ごみを堆肥にする「LFCコンポスト」の専用バッグ
ローカルフードサイクリング株式会社の平由似子代表と、同社が買発した生ごみを堆肥にする「LFCコンポスト」の専用バッグ

 番組中に田中大貴が北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が右肘靱帯断裂をしたエピソードを紹介。斎藤投手がいろいろな医師に相談したところ「運動選手の身体的故障の回復には食事療法は非常に大事」との情報があり、高校・大学生の同様の故障をした選手はすでに取り組んでいるそうだが、プロ野球選手では初めてであるという。「(アスリートは)少しでも身体にいいものをと、日々探している。(LFCコンポスト)のことを早速教えてあげたい」と語った。

 人間の細胞は28日で入れ替わる(ターンオーバー)そうで、毎日の食べ物がいかに大切であるかがわかる。

 田中さんとともにパーソナリティーを務める林歳彦さんは、平さんと福岡で実際にコンポストが使われている様子を視察。街なかのホテルでは、このコンポストを利用した堆肥を使って屋上で野菜を栽培し、収穫された野菜を顧客に提供しているという。

 平さんは「『コンポスト』といええばハードルが高いが、同社は初めての人でも取り組めるようにLINEで毎日サポートを行っている。このスキームは土地がなくても毎日生ごみ資源が多く発生する全世界の都会で通用する。将来的には都会や家庭でどんどん堆肥を作り、自分が野菜などの栽培ができなくても近所で使ってもらう。マルシェなどに持っていき野菜と交換してもらうなどの仕組みができれば良いなと思っている」と同社の「LFCコンポスト」への思いをつづった。

 番組内では、平さんのリクエスト曲にも応えた。1939年のミュージカル映画の劇中歌、ジュディ・ガーランドの「Somewhere over the rainbow」をアナログレコード音源でオンエアした。虹の彼方のどこかにあるであろう理想の国を夢見ながら「福岡のオズの魔法使い」平さんは穏やかに語っていた。

(文:黒川良彦)


◆LFCコンポスト
https://lfc-compost.jp/

関連記事