あおり運転、そして警察官とトラブル「まさに八つ当たり」兵庫で初逮捕の男に懲役2年判決 神戸地裁

神戸地裁「相手が割り込んできた」との被告の主張を退けた
(写真1枚)

神戸市長田区の市道で車を運転し、割り込んできた車にしつこくクラクションを鳴らすなどして「あおり運転」をしたとして、兵庫県内で初めて道路交通法違反のあおり運転などの罪に問われた無職の男 (52・ 神戸市長田区) に対し、神戸地裁は7日、懲役2年の実刑判決(求刑・ 懲役2年6か月)を言い渡した。

関連記事