新しい生活様式で迎える「十日えびす」西宮神社、『密』防止!境内の状況をライブ配信

LINEで送る

この記事の写真を見る(6枚)

 商売繁盛を願う新年恒例の「十日えびす」(1/9~11)。例年、約100万人に上る参拝者でにぎわうえびす神社の総本社・西宮神社(西宮市社家町)では期間中、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、さまざまな取り組みを行っている。

西宮神社「新しい生活様式で迎える正月・十日えびす」案内
西宮神社「新しい生活様式で迎える正月・十日えびす」案内

 西宮神社では8日の「招福大マグロ」へのさい銭の貼り付けと、10日の「開門神事・福男選び」を取り止めた。また福笹や熊手などの縁起物といった限定品は1月末まで授与期間を延長、時期をずらしての分散参拝を呼びかけている。

境内や神社周辺の露店の出店はないが、縁起物「吉兆」の販売店は一部出店
境内や神社周辺の露店の出店はないが、縁起物「吉兆」の販売店は一部出店
1月10日午前6時開門時の「走り参り」は行なわず、「開門神事講社」の講員がゆっくり歩いて先導、参拝者を本殿へ誘導する
1月10日午前6時開門時の「走り参り」は行なわず、「開門神事講社」の講員がゆっくり歩いて先導、参拝者を本殿へ誘導する

 また、西宮神社では期間中、参道の様子が確認できるライブカメラを設置、ホームページの「正月・十日戎特設サイト」からリアルタイムで配信している。

西宮神社 境内ライブカメラで混雑状況を確認できる〈※西宮神社ホームページより〉
西宮神社 境内ライブカメラで混雑状況を確認できる〈※西宮神社ホームページより〉
お参りもソーシャルディスタンスを保って 西宮神社では十日えびす期間中、分散参拝を呼びかけている
お参りもソーシャルディスタンスを保って 西宮神社では十日えびす期間中、分散参拝を呼びかけている

◆えびす宮総本社 西宮神社 公式サイト
https://nishinomiya-ebisu.com/

LINEで送る

関連記事