阪神・淡路大震災26年「プレートの“ひび”と“ずれ”とは違う」3つの大震災から学ぶこと 西影裕一さん(日本地震学会)

LINEで送る

この記事の写真を見る(10枚)

 新型コロウイルスの感染拡大、ウイルスは小さくて目に見えないのに人を殺してしまう力があり、2020年は、この恐怖にさらされた。ウイルスは専門家しか対処できないが、目に見える地震などの自然災害は私たちにもその後の対応を考えることができるようになった。それは1995年の阪神・淡路大震災を契機に、国レベルで対策を考えるようになり、「防災」のみならず「減災」という言葉も生まれた。

この住宅では1階が押しつぶされ、そこで就寝中の多くの人々が圧死した
この住宅では1階が押しつぶされ、そこで就寝中の多くの人々が圧死した〈※画像提供・西影裕一さん 神戸市内で1995年2月2日撮影〉
全焼した菅原市場(神戸市長田区)〈※画像提供・西影裕一さん 1995年2月2日撮影〉
全焼した菅原市場(神戸市長田区)〈※画像提供・西影裕一さん 1995年2月2日撮影〉

 日本地震学会・会員として地質や地震の研究を続ける、元小・中学教師の西影裕一さんは兵庫県姫路市在住。山崎断層帯の調査結果を冊子にまとめ、防災関連の講演も精力的に行っている。阪神・淡路大震災から四半世紀を超え、この間にも巨大地震が起きている。これらから私たちが学ぶべきことを聞いた。

西影裕一さん「プレート(岩盤)の“ひび”と“ずれ”とでは地震の質が全く違う」と指摘
西影裕一さん「プレート(岩盤)の“ひび”と“ずれ”とでは地震の質が全く違う」と指摘

・・・・・・・・・・・・

 1995年の阪神・淡路大震災、2011年には、さらに大規模な東日本大震災。特に東日本大震災から10年という今年、2021年は、その復興のために日本中が一丸となって取り組んでいますが、2016年4月、さらに追い打ちをかけるように熊本地震が起こります。さすがに20年もの間に3回も大規模な地震が起こったとなると、地震は他人事ではなくなったと皆さんは感じておられることと思います。今まで日本人は地震に限らず自然災害が起こると自然災害を研究し、必ず防災にいかしてきました。この3つの大地震から学ぶ点、つまり教訓は何か考えていきましょう。

西宮震災慰霊碑公園 西影さんは「この真下に野島断層を含む『六甲・淡路島断層帯』が走る」と話す(2020年1月17日)
西宮震災慰霊碑公園 西影さんは「この真下に野島断層を含む『六甲・淡路島断層帯』が走る」と話す(2020年1月17日)
野島断層〈※画像・西影裕一さん提供〉
野島断層〈※画像・西影裕一さん提供〉

 3つの地震のうち、阪神・淡路大震災と熊本地震は共通点があります。ただし東日本大震災は2つの地震とは地震発生の形態が違います。

西影さんの自費出版「2つの大震災から何を読み取るか」(2015年)この後2016年に熊本地震が起きる
西影さんの自費出版「2つの大震災から何を読み取るか」(2015年)この後2016年に熊本地震が起きる

 プレート(岩盤)の「ずれ」が原因の地震。地球の表面は厚さ100kmもある十数枚のプレートからできています。日本について述べると、太平洋プレートが1年に数cmずつ日本に向かって移動しており、日本海溝で日本列島の下に潜り込んでいます。この時すごい力が2つのプレートにかかりますが、耐えきれなくなったときプレートが急にずれ地震が起こります。これをプレート境界型地震といい、マグニチュード(以下、M)8~9の巨大地震が起こります。東日本大震災や、今後起こる可能性が高いとされる南海トラフ巨大地震がこれに当たります。

LINEで送る

関連記事