宝塚・ボーガン殺人 神戸地検、容疑者の男を殺人・殺人未遂罪で起訴 重傷の伯母「親族でもあり、複雑」

LINEで送る

この記事の写真を見る(1枚)

 宝塚市の住宅で2020年6月、家族ら4人がボーガン(=洋弓銃)で撃たれ死傷した事件で、神戸地検は22日、殺人・殺人未遂罪で無職の男(24)を起訴した。神戸地検は認否を明らかにしていない。

 2020年7月6日~2021年1月14日まで男の鑑定留置を実施(延長は2回)。神戸地検はこの精神鑑定の結果や捜査によって得た証拠関係から刑事責任を問えると判断した。

神戸地検 男の精神鑑定は約6か月に及んだ
神戸地検 男の精神鑑定は約6か月に及んだ

 起訴状によると、男は2020年6月4日午前5時~10時10分ごろ、自宅で同居する祖母(当時75)と弟(当時22)、別居していた母(当時47)をボーガンで矢を発射して殺害、伯母(50)に大けがをさせたとされる。男は逮捕直後、「家族全員を殺すつもりだった」と供述していた。兵庫県警は伯母への殺人未遂の現行犯で逮捕、その後祖母ら3人への殺人容疑で再逮捕した。

 首に矢を1本を撃たれ、骨折など重傷を負った伯母は、代理人弁護士を通じて「私はこの事件で受けた被害により、日常生活の様々な場面が、とてもしんどい状況が続いています。犯人は親族でもありますので、正直複雑な思いもありますが、今回の罪が司法の場で適切に裁かれることは必要だと思います」と話した。

 事件を受け、兵庫県は2020年10月、全国に先駆けてボーガンを所有者に届出を義務付け、違反者に罰則を科す条例を制定。規制対象となるボーガンを取得した場合は14日以内に届け出ることが必要となる。違反した場合は5万円以下の罰金。

 警察庁の有識者検討会は2020年12月に報告書をまとめ「銃刀法で規制し、所持は許可制にする」と提言した。警察庁は1月18日からの通常国会に銃刀法改正法案を提出する予定。

LINEで送る

関連記事