淡路島5人刺殺事件 無期懲役確定へ 最高裁、上告棄却 一審死刑判決破棄7件目

裁判員裁判の死刑判決が高裁で見直され、最高裁で確定するのは7件目
(写真3枚)

淡路島・洲本市で2015年に5人を刺殺したとして、殺人・銃刀法違反の罪に問われた男(46)について、最高裁が被告側の上告を棄却した。死刑とした一審・神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、心神耗弱状態だったとして無期懲役を言い渡した二審・大阪高裁判決が確定する。 

関連記事